News

boris “fade”

The 3rd album of Boris’s 30th anniversary year, “fade”, will initially be self-released through the band’s Bandcamp page on December 2, 2022.

Boris30周年アルバム第三弾『fade』をBandcamp にて12月2日(金)に自主リリース。
https://boris.bandcamp.com/album/fade

2022 marks the 30th anniversary year of Boris, a year of upheaval as the first post-pandemic year. In this year, Boris put out the albums “W” and “Heavy Rocks (2022)” in succession, and for the first time in 3 years went on tour overseas, playing “rock-like” shows that garnered reactions from around the world exceeding those prior to the COVID-19 pandemic.
This year was the year we realized that Boris, along with music culture itself, strives toward the future, having acquired new possibilities of heavy music. As the conclusion to these 30 years, “fade” will be released as the latest album under the moniker of boris (in lowercase letters).
The wheels, road of rock and innovation that Boris maintains… This release is not bound by concepts of rock and music in general, but could rather be said to be a documentary of the world plunged into the chaotic age of Boris moving forward.

“Break into the present, post-pandemic era. Memories of the world wrapped in disorder and uncertainty already bring feelings of nostalgia. Every individual was cut off from society, but now have returned as one.

Among that disorder like a primitive scenery, did you have fear? Did you doze off? Or in an extreme state of mind, did you even feel some comfort in the solitude?

Among that disorder, did you make eye contact with yourself, or did you not experience such a moment?

Now, wrapped in a thunderous roar, your whole body will be caressed on the way to awakening.

Morning comes.”

Boris結成30周年の2022年は、ポストコロナ元年とも言える激動の1年だった。『W』『Heavy Rocks(2022)』とアルバムを立て続けにリリース、3年ぶりの海外ツアーにおいては”Rock然”としたショウを披露しコロナ以前を上回るリアクションを世界中から得た。
Boris、そして音楽という文化が未来へと生き続け、確かに継承されていく実感と、ヘヴィミュージックの新たな可能性を獲得した年であった。そんな30周年の締めくくりとしてboris(小文字)名義の最新アルバム『fade』を発表する。
– Borisが持つ両輪、王道のロックと革新性 – 本作はロック、音楽という概念にも捉われず、歩を進めつづけるBorisの混沌時代に突入した世界のドキュメンタリー作品と言える。

“ポスト・パンデミック時代に突入した現在。
既にノスタルジーすら感じるあの混沌と不安に包まれた世界の記憶。各個人が社会システムから切り離され、個に還元された。

原風景のようなあの混沌、それは恐怖であったか?微睡であったか?極限の精神状態はその孤独の中に心地よささえ感じなかったか?

混沌のなかで自分自身と目があった、そんな瞬間はなかったか?

今、轟音に包まれ全身を愛撫される目覚めの途中。

朝が来る。”

Photo by: Yoshihiro Mori

Watch a video for the first single “prologue sansaro.”
ファーストシングルMV「序章 三叉路」

Just announced, Rocky & The SWEDEN / Boris Split LP, released on today!!

“Drive away the worthless course of events. Disregarding the state of the world, this split album was realized from the progression of a fated connection.
The truth of a breathless rivalry produced a provocative outcome.
The CD released in Japan sold out through advance orders.
A world-wide vinyl release is coming out from Relapse Records on November 25th.
You can’t escape. Ready the kill switch.”

“くだらねぇ潮流を吹き飛ばす。世情の沙汰をモノともせず、飛躍した因縁によって実現した今回のスプリットアルバム。息もつかせぬせめぎ合いの真相が刺激的な仕上がりとなった。国内盤CDは、予約にて完売。LPは、Relapse Recordsより11月25日全世界同時発売。もう逃がさねぇ。キルスイッチを用意しろ。”
ROCKY & The SWEDEN was formed by veteran members of the Japanese hardcore punk scene in 1996.
Their debut live performance on September 15, 1996 was a surprise appearance at a Boris-arranged “Fangsanalsatan” event. Boris’s own Takeshi was in fact guitarist “Maboroshi SWEDEN” in the earliest days of the band, which to this day was never purposely concealed, but nonetheless is the “progression of a fated connection” after 26 years, perhaps a “karma” which is no longer escapable.
For more than a quarter-century, they have deepened their friendship, ridding ourselves of and dismantling any fixed notions strictly on their own separate paths. They’ve continued to exist while adding layers to their respective approaches toward innovation.
When meeting up again for work on this split release, we can certainly say that it is the “truth of their history.”
There was no cozy relationship with recollections, and they simply continued to experiment with each other’s sharpened “now”.
The thrilling artwork for the ROCKY & The SWEDEN / Boris split release was done by Kosuke Kawamura, a collage artist who has a deep connection with both bands and is making waves not only in the Japanese world of arts but around the globe as well.
All 500 copies of the Japanese CD release have sold out through advance orders.
The anticipated vinyl version, out from extreme music stronghold Relapse Records, drops on November 25 for worldwide consumption.
The recording includes 4 tracks by ROCKY & The SWEDEN and 3 tracks by Boris. In addition to the standard “Kelly Green” vinyl pressing are 3 limited vinyl colors, as well as T-shirts available from the link below.
https://store.relapse.com/rocky-and-the-sweden-and-boris
These are also likely to immediately sell out, so be sure to check it out without delay.
2000 ltd / Kelly Green Standard Gram 300 ltd / Milky Clear with Neon Green, Forest Green and Black Splatter Standard Gram 200 ltd / Neon Green, Black and White Tri Color Merge with Neon Green, Black and White Splatter Standard Gram

100 ltd / Kelly Green with Black Pinwheels and Black Splatter Standard Gram

日本ハードコアパンクシーン百戦錬磨のメンバーにより1996年に結成されたROCKY & The SWEDEN
そのデビューライブは1996年9月15日のBoris企画ライブ”Fangsanalsatan”への飛び入り出演、そしてBorisのTakeshiがR&S結成最初期のギタリスト”幻SWEDEN”であったことは今や公然の事実で有り、26年を経たこうした”飛躍した因縁”はもはや逃れられない”業”ですらある。
四半世紀以上、親交を深めながらもそれぞれに苛酷に、あらゆる固定概念からの脱却・解体と新機軸へのアプローチを重ねながら生存し続けてきた。
彼らが再び相まみえたこのスプリット作品は、まさにその”歴史の真相”そのものと言える。
そこには回想の馴れ合いなどは皆無、ひたすら鋭利な互いの”今”を試し合う瞬間が繰り広げられる。
スリリングなアートワークは両者との関連も深く、美術界に於いては国内のみならず世界的な評価の波を拡大させているコラージュアーティスト・河村康輔が担当。
国内版CD500枚はすでに予約だけでソールドアウト。待望のアナログバージョンは現代エクストリームミュージックの牙城、Relapse Recordsから11月25日に全世界同時にドロップされる。
ROCKY & The SWEDENは4曲、Borisは3曲を収録。
通常盤”Kelly Green”と更に3種類の限定カラーVinyl、T-ShirtsのPre-Orderが以下リンクにて展開中。
https://store.relapse.com/rocky-and-the-sweden-and-boris

また、日本国内においては高円寺のShop“fuudo brain”の以下リンクからもオーダー可能です。https://fuudobrain.shop-pro.jp/?pid=171475141
こちらも早々にソールドアウト必至、是非チェックを。

ROCKY&TheSWEDEN / Boris split LP Relapse recordsからの全世界同時リリース。
通常盤3000円+TAX 限定カラー盤3300円+TAX(国内盤CDは完売)。

『ROCKY & The SWEDEN / Boris Split』
ROCKY & The SWEDEN – Voice
ROCKY & The SWEDEN – Up in smoke
ROCKY & The SWEDEN – BxBxB
ROCKY & The SWEDEN – Bakugeki blaze
Boris – Blood red
Boris – Killing the observer
Boris – Nosferatou


先日告知された、kilikilivilla Presents  DOMMUNE Boris 30th Anniversary “Heavy Rock Chronicle”at S/U/P/E/R DOMMUNE、ENTRANCE ¥2,000にてスタジオ観覧者を募集開始。なお、ソーシャルディスタンシングを意識し40人限定となっています。こちら(Peatix)から予約をお願い致します。


*PLACE*

150-0042 東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷PARCO9FSUPER DOMMUNE15-1 Udagawa-Cho Shibuya-ku Tokyo 150-0042
Shibuya PARCO9F SUPER DOMMUNE

MAP

 

ご来場者はカメラに映る可能性がごさいますので、ご了承のうえご参加ください。
スタジオには、クロークやロッカーございません。手荷物は少なめでご来場のうえ、ご自身での管理をお願いします。
ドリンク類はスタジオ内でお買い求めいただけます。お飲み物の持ち込みはご遠慮ください。

 

<新型 コロナウイルス等感染症予防および拡散防止対策について>

発熱、咳、くしゃみ、全身痛、下痢などの症状がある場合は、必ずご来場の前に医療機関にご相談いただき、指示に従って指定の医療機関にて受診してください。
エントランスで非接触体温計にて体温を計らせて頂き37.5度以下の場合のみご入場可能になります。
感染防止の為、マスクのご着用をお願い致します。
手洗い、うがいの励行をお願いいたします。
お客様入場口に消毒用アルコールの設置を致します。十分な感染対策にご協力ください。
会場にて万が一体調が悪くなった場合、我慢なさらずに速やかにお近くのスタッフにお声がけください。
ご来場のお客様はカメラに映る可能性がございますので、ご了承のうえご参加ください。
会場には、クロークやロッカーはございません。手荷物は少なめでご来場の上、ご自身での管理をお願いいたします。
本イベントはDOMMUNEからの生配信を実施いたします。

DOMMUNE YouTubeチャンネル、もしくはDOMMUNE公式ホームページからご覧いただけます。

生配信では、YouTubeのスーパーチャット機能による投げ銭を募っております。何卒サポートをよろしくお願いいたします。

会場の関係などにより、開演時間が前後する可能性があります。予めご了承ください。

Kilikilivillaから今年リリースされた30周年記念のシングル6枚を全てを収納できるスペシャル・ボックスが登場!
このボックスには、どのアルバムにも収録されていない特別な2曲を収めたSpecial 7’ Singleを封入。
Side Aには、昨年10月にBandcampのみでリリースされ話題となった“Last Christmas”を。
言わずと知れたあのWham!のクリスマス・アンセムのカヴァー、初アナログ化。
Side Bには、2011年のシングルシリーズ“Japanese Heavy Rock Hits Vol.1~Vol.3”を全購入したファンへの特典で、当時Vol.4として配られた片面シングル”Seasons”を収録。
これは1970年代オランダのバンドEarth and Fireの楽曲のカヴァーで、当時Borisにサポートギタリストして参加していた栗原ミチオ氏のプレイも存分に堪能できます。
2曲ともWataのヴォーカルをフィーチャーしたカヴァー曲で、30周年の締めくくりとして、また6月・8月・10月と隔月2枚ずつリリースされたシングルを購入してくれたファンの皆さんへのクリスマス・プレゼントとしてお届けします。
今回もシングル化にあたり、2曲ともTDマスターまで遡ってリマスタリング。
これまでのリリースフォーマットとは異なる、新たな楽曲の表情と音像を楽しんでください。
収録曲
Side A : Last Christmas (04:27)
Side B : Seasons (05:54)
7インチ+DLコード+7インチ収納BOX
3,300円税込
KKV-145VL

ーBoris30周年記念展示イベントー
Boris 30th Anniversary Exhibition “Heavy Rock Chronicle”

会場:POOTLE(新代田 Live House Fever内)
開催期間 : 2022/11/15 ~ 2022/11/23
営業時間 : 月〜金/17:00-23:00  土・祝/12:00-23:00   日/12:00-22:00
入場無料 ※来場者には先着でポスターをプレゼント

1992年以来「Heavy」をテーマとし、一貫してDIYかつ独自のスタンスで活動を続けてきたBoris。
結成30周年を迎えた今年これを記念した展示が、日本におけるホームグラウンドの一つ、新代田Live House FEVER内「POOTLE」にて開催されます。
会場には活動初期当時からのフライヤーやポスター、貴重な資料等を多数展示。

東京から世界へと活動を広げ、まさにワールドワイドなスケールでロックの歴史に名を刻んでいった、その軌跡を一望する事が出来るでしょう。
今回初めて公開されるものもあり、コアなファンはもとより様々な音楽好きの方々にとっても見所の多い催しと言えます。

また、会場内では未発表の過去ライブ映像も常時上映され、このエキシビション限定のマーチャンダイズも用意。過去から現在そして未来へ、Boris30年の歩みを俯瞰する特別な機会です。
ご来場をお待ちしています。

ーBoris30周年記念ー DOMMUNE
Boris 30th Anniversary “Heavy Rock Chronicle”at S/U/P/E/R DOMMUNE

11月15日 19:30 start

19:30~21:30 Borisの30年
司会:恒遠聖文(ライター)
Talk Guest:suGar吉永 (Buffalo Daughter)、早川”Cob hey‼︎ say‼︎”俊介(KIRIHITO ex.高円寺20000V)
VJ:rokapenis

21:30~22:30 DJ Mix by PBDY
世界のビート・フリークが常に注目するBrainfeederの中心的なDJ / セレクターがなんと!Borisの音源で構成されたDJ Mixを披露!極北のレフトフィールドから轟音までジャンルを横断、だれも想像しなかった組み合わせによる60min!

22:30~ Boris Live

1992年の結成以来「Heavy」をテーマとして独自のスタンスで活動を続け、今年遂に30周年を迎えたBoris。
Heavy Musicシーンの最前線≒極北を疾走し、確固たるファンベースをワールドワイドなスケールで築き上げた。

今夏にはCOVID-19以降3年ぶりとなるアメリカツアーを再開、まだまだ困難の多い世界の状況下にありながら、その活動を更に激化&先鋭化させている。
今回のDommune「Boris 30th Anniversary “Heavy Rock Chronicle”」では、実はあまり知られていない活動当初の様子から、現在の活動~最新アルバムに至る歴史的背景などを、当時の関係者の証言も交えて語り尽くすスペシャル・プログラム。

90年代の高円寺ライブハウス時代の活動を知るキリヒトの早川俊介、今年リリースされた30周年記念アルバムにサウンドプロデュースとして参加したBuffalo DaughterのsuGar吉永の二人と、司会に初期から現在までを通して知る数少ない証言者、恒遠聖文を迎えBorisを解き明かす。
Borisのみならず過去〜未来、更には日本〜世界の音楽シーンに縦横無尽に張り巡らされた複雑極まりない相関関係、
意外且つ必然的なファミリー・ツリーの一端も垣間見えてくるはずだ。
当日はVisualにrokapenisを配したスペシャルセットのライブ、未発表過去ライブ映像も公開。

更にBrainfeederの中心的なDJ/セレクターであり、新進気鋭のミュージシャンPBDYがBorisオンリーのスペシャルDJ Mixを披露する。

Rockの中心へと深度を深めながら、常に外側へと実験性に満ちた活動を見せ続けるBoris、その彼らの軌跡を俯瞰、30周年記念の総括に相応しい濃密な4時間をお楽しみください!!

121日東京を皮切りにスタートするBuffalo Daughter×Boris、初となる2マンツアー“New Rock Universe”の開催を記念して、アースクエイカーデバイセスのペダルやアナログ盤が当たる豪華プレゼントキャンペーンがスタート。Buffalo Daughterシュガー吉永によるデモンストレーション映像も公開。

アースクエイカーデバイセス プレゼントキャンペーン詳細

詳細:Buffalo Daughterオフィシャルサイト:shorturl.at/ikBYZ

90年代からワールドワイドで活躍するBuffalo DaughterBoris with TOKIE、記念すべき初の2マンツアー“New Rock Universe”がいよいよ今月21日東京・リキッドルームよりスタート。互いにファンを公言しリスペクトし合う2バンドながら、初となる共演に期待が高まる本ツアーの開催を記念し、Buffalo Daughterのシュガー吉永、BorisTOKIEがエンドースメント契約を結ぶUSオハイオのペダルメーカー、アースクエイカーデバイセス(EQDによる、BoisのギタリストWataのシグネチャーペダルと2バンドのアナログ盤が当たる豪華プレゼントキャンペーンが本日よりスタートします。

昨年の発売以来、世界中で話題を集めているBorisWataEQDの共同開発によるファズペダルHizumitasBuffalo Daughterのシュガー吉永によるデモンストレーション映像も本日公開。https://youtu.be/2GRdh1JKMNs

プレゼント応募はツイッターで、Buffalo Daughter@buffalodaughter)とBoris@Borisheavyrocks2アカウントをフォローし、本日21時にアースクエイカーデバイセスのツイッターアカウント(@EarthquakerJP)に投稿されるプレゼント企画のツイートに、ハッシュタグ #newrockuiverse と購入したチケットの写真を添えてリツイート。各会場1名様にWataのシグネチャーペダルEQD HizumitasuBuffalo DaughterNew Rock』か『I』いずれか1枚、BorisHeavy Rocks』の3点にメンバーのサインを入れてプレゼントします。2マン開催記念の豪華プレゼント、ぜひ奮ってご応募ください!

◎応募期間:本日(11/8)より各公演日の000まで
◎応募方法:(チケット購入者限定のキャンペーンとなります)
◎当選結果のお知らせ
応募期間終了後、抽選の上、当選者にツイッターのDMにてご連絡を差し上げます。
賞品は当日会場にてお渡しします。

The third installment of Bandcamp Archive Season 5 is the vinyl version of “Japanese Heavy Rock Hits Live -25th Anniversary Show-“, which was released on Bandcamp last December. Limited to 300 sets of 3LPs in orange color.
Order and purchase here.

BandcampアーカイブSeason5第3弾は、昨年12月にBandcampでリリースされた“Japanese Heavy Rock Hits Live -25th Anniversary Show-“をヴァイナル化。限定3ooセット3LP オレンジカラーのスペシャル盤。
購入はこちらから。

2022年を締め括る最後のショウが、12月18日(日)高円寺highにて開催決定。
前売チケットは本日18:00よりZaikoにて発売開始

今年Rock然としたshowを世界中で披露し続けたこの30周年の年を、boris(小文字)名義のパフォーマンスで閉じる。
Borisが持つ両輪、王道のロックと実験性。
本公演はエクスペリメンタル・サイドへのフォーカスが予告された。
“heavy petting”と名付けられたこのイベントのドレスコードは「イヤープラグ」。
スペシャルゲストに伊東篤宏(OPTRON)を迎えた一夜限りの特別なセットを披露。

轟音から静寂までのダイナミクス、あなたに極限の愛撫を。

会場:高円寺high
開催日:2022年12月18日(日)
開場:16:00 / 開演:17:00
前売:5000円+d
スペシャルゲスト:伊東篤宏(OPTRON)
ドレスコード:イヤープラグ
Zaikoチケット:https://borisheavyrocks.zaiko.io/

※チケットの購入には、Zaikoアカウントの登録(無料)が必要となります。

Boris returns alongside Rocky & The SWEDEN for a new frenzied split! The album is available in full on all streaming services and physical pre-orders are out November 25th.
Listen & pre-order at
https://orcd.co/rockyandthesweden-boris

From the opening moments of Rocky & The SWEDEN’s adrenaline-fueled punk anthem “Voice” to Boris’ sludgy, heavier-than-anything-ever closer “Nosferatou”, the new split sees the Japanese punk and heavy music underground legends delivering a frenetic collection of tracks that exude sheer intensity!

Rocky & The SWEDEN and Boris  TRACKLIST

  1. Rocky & The SWEDEN – Voice
  2. Rocky & The SWEDEN – Up in smoke
  3. Rocky & The SWEDEN – BxBxB
  4. Rocky & The SWEDEN – Bakugeki blaze
  5. Boris – Blood red
  6. Boris – Killing the observer
  7. Boris – Nosferatou

LP/Merch Pre-order Link
https://store.relapse.com/rocky-and-the-sweden-and-boris

 

Borisと古くから親交があり、昨年結成25年を迎えた東京ハードコア、Rocky & The SWEDEN。昨年リリースされたSplit カセット+ Tシャツに続き、Split LPをRelapse Recordsからリリース。本日よりフルストリーミング開始。

フルストリーミングとプリオーダーは下記リンクから。
https://orcd.co/rockyandthesweden-boris

LP/Merch のプリオーダーは下記リンクから。
https://store.relapse.com/rocky-and-the-sweden-and-boris