News

The first installment of Season 5 of the Boris Bandcamp archive is our side of our 2018 split release with The Novembers, “unknown flowers”. This is the first time it is available in high-resolution digital format.

BandcampアーカイブSeason5第1弾は、2018年にリリースされたTHE NOVEMBERSとのスプリット作『unknown flowers』。今回デジタルで初の解禁、ハイ・レゾリューション・マスターで公開となる。

unknown flowers FAS-010

Originally released in 2018 as a joint-release from our own label, Fangsanalsatan, and The Novembers’ label, Merz. In October of 2018 we played a show together where it first became available in limited edition.
Out from our relationship of creatively stimulating each other, this split 12” was a collaboration with the concept, “Let’s each write new songs and cover each other’s songs. However, we won’t reveal which composition is by which band.”
We hope you can stronger feel the sense of values and beauty jointly shared by both bands from the unclear origins of these songs. The striking record cover photograph that seems to shake the very notion and distinction of sky and earth was taken by Yusuke Yamatani, a mutual friend of both bands. This release is now available digitally for the first time.

オリジナルは2018年、自分たちのレーベルfangsanalsatanとTHE NOVEMBERSのレーベルMERZとの共同リリース。
同年10月に行われた彼らとの2マンライブの会場にて先行・限定販売された。
このスプリット12インチは、互いに刺激を受け与え合う関係性の中で「それぞれ新曲を書き下ろし、カヴァーし合う。しかし、どちらがどのバンドの楽曲かは明かさない」というコンセプトのコラボレーション作品。
楽曲の出自が不明である事によって、両者に共有される価値観や美意識がより感じられるだろう。
天地の概念と判別が揺らぐような印象的なジャケット写真は、両バンドに親交のあるYusuke Yamataniによるもの。
今回初めてデジタル解禁される。

8/14(sun)12:00~ チケット販売開始。https://borisheavyrocks.zaiko.io

※大阪、東京の各公演のチケット購入に際し、事前にZAIKOアカウントの登録(無料)が必要となります。予めご了承下さい。

結成から30周年を迎えた2022年、記念すべき最新アルバム『Heavy Rocks』を8月12日にリリース。本作を携えた、実に3年ぶりとなる6週間の全米ツアーから帰国後の10月に大阪・東京公演の開催が決定。

混迷と閉塞を脱ぎ捨て、新たな日常が各地に定着し始めたタイミングで行なわれるこれらの公演。新しい世界でまた芽吹くロックの息吹、未来を切り開く為の祝祭とも言えます。
10月16日の大阪では遂に共演となるGlam Rock最前線Young Parisian、10月23日の東京ではBoris最初のアメリカツアーを共にした盟友KIRIHITOがスペシャルゲストとして出演。

Borisにとって”Heavy Rocks”という言葉は己の姿勢・態度そのものであり、過去から未来に亘る揺るぎないテーマ。
30周年にふさわしく、共に生き抜き続けてきた現在進行形のゲストとの共演も、至極必然と感じられる2公演となるでしょう。30年の活動経た今も最新を更新し続けるのBorisの姿を体験してください。

2022年10月16日(日)
大阪・心斎橋CONPASS
OPEN:16:30 START:17:00
前売:¥5000+1drink 当日:¥5500+1drink
チケット : ZAIKO https://borisheavyrocks.zaiko.io

出演:
Boris
Special Guest : Young Parisian (Tokyo)

2022年10月23日(日)
東京・新代田FEVER
OPEN:16:30 START:17:00
前売:¥5000+1drink 当日:¥5500+1drink
チケット : ZAIKO https://borisheavyrocks.zaiko.io
※限定150人

出演:
Boris
Special Guest : KIRIHITO (Tokyo)

My name is blank” Official Music Video from the album “Heavy Rocks“, out on 12th Aug, 2022 on Relapse Records and Kilikilivilla.
The sound image was visualized as a music video by Yutaro, who even worked on “She is burning” video work.

 

 

 

BORIS begin their Summer US tour dates with Philadelphia’s NOTHING this month!
The tour kicks off after BORIS and NOTHING’s performances at Psycho Las Vegas, and runs through late August and September. Includes a festival performance at Post Festival in Indianapolis.
A full tour schedule is available below and tickets are on sale now at
https://borisheavyrocks.com/shows/

Aug 19 Phoenix, AZ Crescent Ballroom (w/ The Body) *
Aug 19-21 Las Vegas, NV Psycho Las Vegas @ Resort World Las Vegas
Aug 22 Albuquerque, NM Sister
Aug 24 Dallas, TX Studio at the Factory
Aug 25 Austin, TX Empire Garage
Aug 26 Houston, TX White Oak Music Hall
Aug 27 Baton Rouge, LA Chelsea’s Live *
Aug 29 Atlanta, GA Terminal West
Aug 30 Carrboro, NC Cat’s Cradle
Aug 31 Washington DC 9:30 Club
Sep 1 Philadelphia, PA Union Transfer
Sep 2 New York, NY Webster Hall
Sep 3 Boston, MA Paradise Rock CLub
Sep 6 Pittsburgh, PA Mr. Small’s Theatre
Sep 7 Detroit, MI Magic Stick
Sep 8 Cleveland, OH Beachland Ballroom
Sep 9 Indianapolis, IN Post. Festival @ The Vogue
Sep 10 St. Louis, MI Delmar Hall
Sep 11 Chicago, IL Metro
Sep 12 Minneapolis, MN Fine Line
Sep 14 Denver, CO Bluebird Theater
Sep 15 Salt Lake City, UT Metro Music Hall
Sep 17 Portland, OR Revolution Hall
Sep 18 Seattle, WA The Crocodile
Sep 20 Sacramento, CA Harlow’s
Sep 21 San Francisco, CA Great American Music Hall
Sep 22 Los Angeles, CA The Regent Theater *
Sep 24 Mexico City, MX House of Vans

* No NOTHING

Boris official Euro Store is launching today.
Check out our lineup at Evil Greed.

Boris結成30周年記念企画の一つ、KiliKiliVilLaから6月、8月、10月と隔月で連続リリースされる7インチシリーズ。を迎える2022年はいくつかの記念企画が用意されている。その第3弾&第4弾のレーベル予約受付が6月10日から開始。
8/25(木)より順次発送予定。

Boris30周年シングルシリーズ第3&第4弾は、アルバム『SMILE』(2008年)、『NEW ALBUM』(2011年)の各アルバムから2曲ずつをセレクト。
TDマスターまで遡ってリマスタリング、7inchに落とし込まれた新たな音像に是非触れてほしい。

Boris / SMILE 7inch
https://store.kilikilivilla.com/v2/product/detail/KKV-141VL
KKV-141VL
¥1,980 (tax in)
収録曲
Side A : Statement
Side B : となりのサターン -My Neighbor Satan-

Boris / NEW ALBUM 7inch
https://store.kilikilivilla.com/v2/product/detail/KKV-142VL
KKV-142VL
¥1,650 (tax in)
収録曲
Side A : Flare
Side B : Looprider

<COALTAR OF THE DEEPERS × BORIS>
遂に両者の共演するライブが開催決定。出演はCOALTAR OF THE DEEPERS、BORIS、そしてオープニングアクトのCOLLAPSE 。7月27日(水)に東京・吉祥寺 CLUB SEATAで行われます。

Finally, a show will be held. Appearances are COALTAR OF THE DEEPERS, BORIS, and the opening act COLLAPSE. It will be held on Wed, July 27th at CLUB SEATA in Kichijoji, Tokyo.

詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
Details can be found on the following URL page.
https://www.creativeman.co.jp/event/cod-boris/

BORIS celebrate a 30 year career as one of experimental music’s most forward-thinking, heavy, and innovative bands with the new album Heavy Rocks (2022). Continuing their series of Heavy Rocks records, BORIS once again channels the classic proto-metal sounds of the 70’s into something all new.

コロナ禍に突入直後の2020年に制作された『NO』、それに呼応するように連続で生み出された『W』。結成から30周年を迎えた2022年、2枚目の最新アルバム『Heavy Rocks』がリリースされる。『Heavy Rocks』(オレンジ 2002)、『Heavy Rocks』(紫 2011)と10年毎に、Borisは自分たちの思い描くヘヴィロック最新形を提示してきた。”Heavy Rocks”という言葉は自身の姿勢・態度そのものであり、過去から未来に亘る揺るぎないテーマであり、象徴である。

“The world has changed over the last two years. Everyone’s thinking is simpler and pragmatic. Now, it is easier for everyone to grasp what is important to each of us.

We leave it to the future and pass it on. The soul of rock music is constantly evolving. A soul that transcends words and meaning to reach you – instinct, intuition, and fangs.

This is the heavy rock of Boris now.

As we land on our 30th anniversary, Boris continues to evolve, accelerating the latest and universal.

We just keep showing this attitude.”

 

この2年で世界は変わってしまった
人々の思考はよりシンプルに
今はみんなそれぞれが大切なものを捉え易くなった

何を未来へ残し伝えるのか
そしてアップデートしていくロックのソウル

言葉や意味を超え貴方に届く魂
本能、直感、牙
これが今のBorisのHeavy rock

結成30周年
最新と普遍をアップデートし加速し続けるBorisの現在。
あなたの大切なものは何か?

閉塞されていた世界が再び解かれ、活発な日常を取り戻す兆しを見せる、まさに転換期とも言える今年、この運命的と言えるタイミングで、Borisは最新の『Heavy Rocks』を投下する。未だ混迷を続けるこの時代を生き抜き、自らの血と肉として獲得し具現化した現在進行形のヘヴィロックを。今回は「色」ではなく、過酷な状況を自らの牙でサヴァイブする獰猛な生命の「紋様」を纏い世界に提示する。前作『W』に続きサウンドプロデュースとしてBuffalo DaughterのsuGar Yoshinagaを起用。『NO』のエクストリームさ、静謐な『W』の空気感を塗りつぶし、さらに混沌と”Heavy”に耽溺してゆくワイルド&グリッターな世界を楽しんでほしい

Heavy Rocks (2022) is out August 12 on LP/CD/CS/Digital.
Physical pre-orders are available via Relapse.com HERE and Digital Downloads/Streaming HERE.

日本国内盤CDはKiliKiliVillaから、Vinyl、カセット、デジタルはRelapse Recordsより8月12日にリリースされる。

Holy Mountain Printings is launching a new merchandises to commemorate the 30th anniversary of Boris.
The limited analogs of Boris “1985” and Boris with Michio Kurihara “不透明度 -You Laughed Like a Water Mark- Live at Shelter 20070204”, which were sold exclusively in Japan, will also be on sale at Holy Mountain Printings.
Check here.

For the 3rd installment of the Boris Season 4 archive on Bandcamp we have two titles: our “tears e.p” released from TRASH-UP!!RECORDS in 2019 and “EROS”, our collaboration with the Tokyo extreme band, ENDON, released in 2015 on cassette.
This is the first digital release of “EROS”.

BandcampアーカイブSeason4 第3弾は、2019年にTRASH-UP!!RECORDSからリリースした『tears e.p』と、2015年にカセットでリリースされた東京のエクストリームバンドENDONとのコラボレーション作『EROS』の2タイトル。
『EROS』は今回デジタルで初の解禁となる。

tears e.p   FAS-060

The “tears e.p” was released in 2019 by TRASH-UP!!RECORDS, a label whose releases focus on idol groups like SAKA-SAMA and others. Around this time Atsuo worked on sound production for Erieza Royal & The Summary Lynch, whose drummer runs the label. The ambitious actions of TRASH-UP!! are not limited to only music, but also spread into the realms of film and more. As we are always in pursuit of “heavy, and yet with just a sense of fun” in a DIY manner, it was a very natural flow for us to resonate with the label beyond musical genres. Kotao, an up-and-coming oil painter, served as model for the cover and booklet. She also has released through TRASH-UP!! and from this connection it also led to us asking her to do the artwork for the cover of our latest album, “W”. Narasaki of COALTAR OF THE DEEPERS, as well as his own mentor, Shinobu Narita, both joined for sound production. In addition to Boris originals, covers by COALTAR OF THE DEEPERS and D-Day were also recorded, reflecting the succession of Boris’s sound, fate, and connections more deeply through this release.
The original version of “どうしてもあなたをゆるせない -tears-” was added to Bandcamp the other day as part of the “1985” release, and we hope you can enjoy the differences between the two versions. This time we are releasing the high resolution master.

2019年に『tears e.p』をリリースしたTRASH-UP!!RECORDSは、SAKA-SAMA他アイドルグループを中心にリリースするレーベル。このころAtsuoがサウンドプロデュースを手掛けたイライザ・ロイヤル&ザ・総括リンチのドラマーがこのレーベルの主宰者でもある。音楽だけにとどまらず映画など幅広いカルチャーの領域で意欲的な活動を行うTRASH-UP!!。固定したレーベルに所属することなく、DIYで「Heavyで、なおかつ楽しいと感じることだけ」を追求してきた自分たちが、ジャンルを越えて共鳴したのはごく自然な流れだったと思う。今作のジャケットとブックレットでモデルを務めたKotao(現在は新進気鋭の油絵画家として活躍している)はかつてTRASH-UP!!からリリースも行なっており、最新アルバム『W』のジャケットを依頼する流れの始点にもなっている。サウンドプロデュースにCOALTAR OF THE DEEPERSのNARASAKI、その師でもあるShinobu Narita両名が参加。Borisの楽曲に加えCOALTAR OF THE DEEPERSとD-Dayのカヴァー曲も収録し、Borisの継承する音、縁、つながりが色濃く反映された作品。
「どうしてもあなたをゆるせない」のオリジナルヴァージョンは先日Bandcampで公開した『1985』に収録されており、本作のバージョンとの違いも楽しんでもらえると思う。今回ハイ・レゾリューション・マスターでの公開。

BORIS + ENDON / EROS   FAS-061

Originally released in 2015 on cassette tape by ENDON vocalist Taichi Nagura’s label, G.G.R.R.
This had limited availability, handed out at shows during our joint tour of the same year, “New Noise Literacy 001 ‘Engage’ Tour”.
ENDON is a band centered on extreme music such as grind, hardcore and noise. They carry out diverse activities including artistically inclined exchange as well as the operation of M.A.S.F., the effects pedal brand of member Taro Aiko. We ended up collaborating with them on this work as we felt a mutual understanding with their style of not being imprisoned by any set concept as well as the aesthetic sense of their expression. Simply put, rather than being a split release by two like-minded fellow bands, this release was created by one band called BORIS + ENDON. At shows on the tour we performed both on the floor and stage to surround the audience, and with added intense lighting provided by Rokapenis, it evolved into a live experience of extreme sensations. The artwork was done by Kazumichi Maruoka. In addition to 4 songs written in collaboration, a cover of “Painkiller” by Judas Priest was also recorded. We hope you enjoy this metal anthem that has been thoroughly dismantled and newly constructed through new noise literacy. The high resolution master is now available to the public for the first time digitally.

オリジナルは2015年、ENDONのヴォーカルTaichi NaguraのレーベルG.G.R.Rからカセットテープでリリース。
同年行われたBorisとENDONのカップリングツアー「New Noise Literacy 001 “Engage” tour」の会場限定で配布された。
ENDONはグラインド、ハードコア、ノイズといったエクストリームミュージックを軸に、アート方面との交流も深く、メンバーのTaro AikoはペダルブランドM.A.S.F.を運営するなど多角的な活動を行なっている。彼らの固定概念にとらわれない活動様式と、表現に対しての美意識に自分たちと相通ずるものを感じ、共に作品を作り上げる流れとなった。単に気の合うバンド同士のスプリットではなく、BORIS + ENDONというバンドとして作品を作り上げた。ツアーではフロアとステージで観客を包囲する形で演奏、Rokapenisによる強烈なライティングも加わり極限の体感ライブを展開。アートワークはKazumichi Maruokaを起用。共作の書き下ろし4曲に加え、Judas Priestの「Painkiller」のカバーを収録。新たなノイズリテラシーで徹底的に解体、新構築されたメタルアンセムをぜひ楽しんでほしい。今回初デジタル、ハイ・レゾリューション・マスターでの公開となる。