News

The first installment of Season 5 of the Boris Bandcamp archive is our side of our 2018 split release with The Novembers, “unknown flowers”. This is the first time it is available in high-resolution digital format.

BandcampアーカイブSeason5第1弾は、2018年にリリースされたTHE NOVEMBERSとのスプリット作『unknown flowers』。今回デジタルで初の解禁、ハイ・レゾリューション・マスターで公開となる。

unknown flowers FAS-010

Originally released in 2018 as a joint-release from our own label, Fangsanalsatan, and The Novembers’ label, Merz. In October of 2018 we played a show together where it first became available in limited edition.
Out from our relationship of creatively stimulating each other, this split 12” was a collaboration with the concept, “Let’s each write new songs and cover each other’s songs. However, we won’t reveal which composition is by which band.”
We hope you can stronger feel the sense of values and beauty jointly shared by both bands from the unclear origins of these songs. The striking record cover photograph that seems to shake the very notion and distinction of sky and earth was taken by Yusuke Yamatani, a mutual friend of both bands. This release is now available digitally for the first time.

オリジナルは2018年、自分たちのレーベルfangsanalsatanとTHE NOVEMBERSのレーベルMERZとの共同リリース。
同年10月に行われた彼らとの2マンライブの会場にて先行・限定販売された。
このスプリット12インチは、互いに刺激を受け与え合う関係性の中で「それぞれ新曲を書き下ろし、カヴァーし合う。しかし、どちらがどのバンドの楽曲かは明かさない」というコンセプトのコラボレーション作品。
楽曲の出自が不明である事によって、両者に共有される価値観や美意識がより感じられるだろう。
天地の概念と判別が揺らぐような印象的なジャケット写真は、両バンドに親交のあるYusuke Yamataniによるもの。
今回初めてデジタル解禁される。

8/14(sun)12:00~ チケット販売開始。https://borisheavyrocks.zaiko.io

※大阪、東京の各公演のチケット購入に際し、事前にZAIKOアカウントの登録(無料)が必要となります。予めご了承下さい。

結成から30周年を迎えた2022年、記念すべき最新アルバム『Heavy Rocks』を8月12日にリリース。本作を携えた、実に3年ぶりとなる6週間の全米ツアーから帰国後の10月に大阪・東京公演の開催が決定。

混迷と閉塞を脱ぎ捨て、新たな日常が各地に定着し始めたタイミングで行なわれるこれらの公演。新しい世界でまた芽吹くロックの息吹、未来を切り開く為の祝祭とも言えます。
10月16日の大阪では遂に共演となるGlam Rock最前線Young Parisian、10月23日の東京ではBoris最初のアメリカツアーを共にした盟友KIRIHITOがスペシャルゲストとして出演。

Borisにとって”Heavy Rocks”という言葉は己の姿勢・態度そのものであり、過去から未来に亘る揺るぎないテーマ。
30周年にふさわしく、共に生き抜き続けてきた現在進行形のゲストとの共演も、至極必然と感じられる2公演となるでしょう。30年の活動経た今も最新を更新し続けるのBorisの姿を体験してください。

2022年10月16日(日)
大阪・心斎橋CONPASS
OPEN:16:30 START:17:00
前売:¥5000+1drink 当日:¥5500+1drink
チケット : ZAIKO https://borisheavyrocks.zaiko.io

出演:
Boris
Special Guest : Young Parisian (Tokyo)

2022年10月23日(日)
東京・新代田FEVER
OPEN:16:30 START:17:00
前売:¥5000+1drink 当日:¥5500+1drink
チケット : ZAIKO https://borisheavyrocks.zaiko.io
※限定150人

出演:
Boris
Special Guest : KIRIHITO (Tokyo)

My name is blank” Official Music Video from the album “Heavy Rocks“, out on 12th Aug, 2022 on Relapse Records and Kilikilivilla.
The sound image was visualized as a music video by Yutaro, who even worked on “She is burning” video work.

 

 

 

Boris結成30周年記念企画の一つ、KiliKiliVilLaから6月、8月、10月と隔月で連続リリースされる7インチシリーズ。を迎える2022年はいくつかの記念企画が用意されている。その第3弾&第4弾のレーベル予約受付が6月10日から開始。
8/25(木)より順次発送予定。

Boris30周年シングルシリーズ第3&第4弾は、アルバム『SMILE』(2008年)、『NEW ALBUM』(2011年)の各アルバムから2曲ずつをセレクト。
TDマスターまで遡ってリマスタリング、7inchに落とし込まれた新たな音像に是非触れてほしい。

Boris / SMILE 7inch
https://store.kilikilivilla.com/v2/product/detail/KKV-141VL
KKV-141VL
¥1,980 (tax in)
収録曲
Side A : Statement
Side B : となりのサターン -My Neighbor Satan-

Boris / NEW ALBUM 7inch
https://store.kilikilivilla.com/v2/product/detail/KKV-142VL
KKV-142VL
¥1,650 (tax in)
収録曲
Side A : Flare
Side B : Looprider

BORIS celebrate a 30 year career as one of experimental music’s most forward-thinking, heavy, and innovative bands with the new album Heavy Rocks (2022). Continuing their series of Heavy Rocks records, BORIS once again channels the classic proto-metal sounds of the 70’s into something all new.

コロナ禍に突入直後の2020年に制作された『NO』、それに呼応するように連続で生み出された『W』。結成から30周年を迎えた2022年、2枚目の最新アルバム『Heavy Rocks』がリリースされる。『Heavy Rocks』(オレンジ 2002)、『Heavy Rocks』(紫 2011)と10年毎に、Borisは自分たちの思い描くヘヴィロック最新形を提示してきた。”Heavy Rocks”という言葉は自身の姿勢・態度そのものであり、過去から未来に亘る揺るぎないテーマであり、象徴である。

“The world has changed over the last two years. Everyone’s thinking is simpler and pragmatic. Now, it is easier for everyone to grasp what is important to each of us.

We leave it to the future and pass it on. The soul of rock music is constantly evolving. A soul that transcends words and meaning to reach you – instinct, intuition, and fangs.

This is the heavy rock of Boris now.

As we land on our 30th anniversary, Boris continues to evolve, accelerating the latest and universal.

We just keep showing this attitude.”

 

この2年で世界は変わってしまった
人々の思考はよりシンプルに
今はみんなそれぞれが大切なものを捉え易くなった

何を未来へ残し伝えるのか
そしてアップデートしていくロックのソウル

言葉や意味を超え貴方に届く魂
本能、直感、牙
これが今のBorisのHeavy rock

結成30周年
最新と普遍をアップデートし加速し続けるBorisの現在。
あなたの大切なものは何か?

閉塞されていた世界が再び解かれ、活発な日常を取り戻す兆しを見せる、まさに転換期とも言える今年、この運命的と言えるタイミングで、Borisは最新の『Heavy Rocks』を投下する。未だ混迷を続けるこの時代を生き抜き、自らの血と肉として獲得し具現化した現在進行形のヘヴィロックを。今回は「色」ではなく、過酷な状況を自らの牙でサヴァイブする獰猛な生命の「紋様」を纏い世界に提示する。前作『W』に続きサウンドプロデュースとしてBuffalo DaughterのsuGar Yoshinagaを起用。『NO』のエクストリームさ、静謐な『W』の空気感を塗りつぶし、さらに混沌と”Heavy”に耽溺してゆくワイルド&グリッターな世界を楽しんでほしい

Heavy Rocks (2022) is out August 12 on LP/CD/CS/Digital.
Physical pre-orders are available via Relapse.com HERE and Digital Downloads/Streaming HERE.

日本国内盤CDはKiliKiliVillaから、Vinyl、カセット、デジタルはRelapse Recordsより8月12日にリリースされる。

Just announced, The new Todo Muere SBXV compilation celebrates the disparate threads that Sacred Bones has cultivated over these past 15 years by asking artists on the label to cover one another’s songs. It’s an exhilarating, adventurous collection that emphasizes the spiritual unity of the roster. Boris’ cover of “Funnel of Love” by Jim Jarmusch’s band, SQÜRL. The original is an oldies classic by Wanda Jackson.
Pre-orders start today at https://geni.us/SBRXVtodomuere.
The wonderful album art is by British legend Nick Blinko (Rudimentary Peni).

Boris結成から30年を迎える2022年はいくつかの記念企画が用意されている。その先陣を切るのは代表的なアルバム6タイトルから2曲づつ選曲し、KiliKiliVilLaから7インチで6月、8月、10月と隔月での連続リリース。

6月10日発売のBoris30周年シングルシリーズ第1&第2弾は、アルバム『Heavy Rocks』(2002年)、『PINK』(2006年)から。今回の新規カッティングにあたって、TDマスターまで遡ってリマスタリング。各アルバムの代表曲を2曲づつ、改めて7inchフォーマットでシングルカット。

本日よりレーベル予約受付開始

Boris / Heavy Rocks 7inch
https://store.kilikilivilla.com/v2/product/detail/KKV-139VL
KKV-139VL
1,650円 税込
収録曲
Side A : Heavy Friends
Side B : Korosu

Boris / PINK 7inch
https://store.kilikilivilla.com/v2/product/detail/KKV-140VL
KKV-140VL
1,650円 税込
収録曲
Side A : PINK
Side B : スクリーンの女  ーWoman on the Screenー

From March 2022 Boris resumes archive releases on Bandcamp.

The first installment of the 4th season of the Boris Bandcamp archive is “1985”, which was sold only in limited vinyl format for members of the then-newly established Boris fan club in 2019, “heavy rock party”. Now the album is available digitally for the first time.

BandcampアーカイブSeason4第一弾は、2019年にオープンしたBorisファンクラブ”heavy rock party”のメンバーに向け、限定Vinylのみで販売していた音源『1985』をデジタルで解禁。

“1985” is an original album that remained unreleased for a long time. It was recorded during the same period as our 2011-released “New Album”.

In 2011 we announced 3 separate albums, each layering various trials of what we imagined as “heavy”. With these various expressive styles, it was a time when we expanded the possibilities of our own Heavy Rock. After completing the 3 albums, we made use of methods outside of our usual environment of amplified sound resonating in the room. We experimented with direct recording that made use of MIDI, synth guitar, electric drums, and so on. We remember that clearly.
“1985” is the 4th album of ours that was unreleased.

In 2019 we launched our first official fan club, “heavy rock party”, and “1985” was only sold as a limited edition vinyl release around Christmas time as a present to fan club members. Now it is available for the first time in high-resolution digital format.

This is a work that gave us a sense of having expanded the map of sound, discovering another layer, and opening up an unseen passage that was not known to the outside world. We’d also like you to listen to this electronic inclination that has accumulated in Boris as a connection to our latest album, “W”.

『1985』は2011年にリリースした『New Album』と同時期にレコーディングを行い、長い間未発表となっていたオリジナル・スタジオアルバム。

2011年は3枚のアルバムを発表した年であり、自分たちの思い描く”Heavy”をキーワードに様々な試みをを重ね、その表現方法を更新、Heavy Rockの可能性を拡張していった時期だった。3枚を完成させた後に、MIDI、シンセギター、電子ドラム等を用いながら、空気を介さない音楽実験に取り組んでいた、そんな記憶がある。
『1985』はリリースされなかった4枚目のアルバム。

2019年、初のオフィシャル・ファンクラブ”heavy rock party”が発足し、『1985』はクリスマスに”ファンクラブ・メンバーへのプレゼント”として限定Vinylのみで販売。今回はハイレゾリューション・デジタルフォーマットでの解禁となる。

音の地図を塗り広げ、別の層を発見し、外部には知られない不過視の通路を切り開いた、そんな実感のあった作品。
Borisの中に蓄積されていたエレクトロな指向は最新作『W』への繋がりとしても聴いて欲しい。

Special Announcement. Bongzilla and Boris have released a new 7 Inch Split Record. It’s out now and available for order today! This 7 inch will be co-released by Gungeon Records and Totem Cat Records in the US and Europe. The Bongzilla track is an alternate mix of their song – “Weedsconsin.” The Boris track is a cover song called “Down the Road,” by an old band from Iowa called “Truth and Janey.” This release is dedicated to the memory of John Hopkins.
US Pressing will be available at www.bongzilla666.com – Limited 666 Copies – 150 Green, 150 Purple, 200 White, 166 Clear
European Pressing will be available at Totemcatrecords.bigcartel.com – Limited 500 Copies – 150 Neon Green, 150 Neon Purple, and 200 Exclusive Split Color (Blue / Red)

 

両バンドの友人であり、2020年に他界したサウンドエンジニアJohn Hopkinsに捧げられたSplit 7inch.
BongzillaはJohnのレコーディングによる楽曲。Borisは互いが敬愛したバンド”Truth and Janey”の楽曲をカヴァー。
US バージョンとEUROバージョンでは、プレス枚数、ジャケット仕様、ヴァイナルの仕様、カラーが異なる。

[US version]
Boris Purple 150 / Bongzilla Green 150 / White 200 / Clear 166  (Total 666 limited press)
*– nyd –では全色販売

[Euro version]
Boris edition neon purple limited 150/ Bongzilla edition neon green limited 150, Totem cat edition sky blue & maroon limited 200
*– nyd –ではBoris edition neon purpleのみ販売

“Beyond Good and Evil” Official Music Video from the album “W”, out on January 21, 2022 on Sacred Bones Records and Kilikilivilla.
The sound image was visualized as a music video by Yutaro, who even worked on “Reincarnation Rose“, “Drowning by numbers” video work.