News

Boris結成30周年記念企画の一つ、KiliKiliVilLaから6月、8月、10月と隔月で連続リリースされる7インチシリーズ。を迎える2022年はいくつかの記念企画が用意されている。その第3弾&第4弾のレーベル予約受付が6月10日から開始。
8/25(木)より順次発送予定。

Boris30周年シングルシリーズ第3&第4弾は、アルバム『SMILE』(2008年)、『NEW ALBUM』(2011年)の各アルバムから2曲ずつをセレクト。
TDマスターまで遡ってリマスタリング、7inchに落とし込まれた新たな音像に是非触れてほしい。

Boris / SMILE 7inch
https://store.kilikilivilla.com/v2/product/detail/KKV-141VL
KKV-141VL
¥1,980 (tax in)
収録曲
Side A : Statement
Side B : となりのサターン -My Neighbor Satan-

Boris / NEW ALBUM 7inch
https://store.kilikilivilla.com/v2/product/detail/KKV-142VL
KKV-142VL
¥1,650 (tax in)
収録曲
Side A : Flare
Side B : Looprider

BORIS celebrate a 30 year career as one of experimental music’s most forward-thinking, heavy, and innovative bands with the new album Heavy Rocks (2022). Continuing their series of Heavy Rocks records, BORIS once again channels the classic proto-metal sounds of the 70’s into something all new.

コロナ禍に突入直後の2020年に制作された『NO』、それに呼応するように連続で生み出された『W』。結成から30周年を迎えた2022年、2枚目の最新アルバム『Heavy Rocks』がリリースされる。『Heavy Rocks』(オレンジ 2002)、『Heavy Rocks』(紫 2011)と10年毎に、Borisは自分たちの思い描くヘヴィロック最新形を提示してきた。”Heavy Rocks”という言葉は自身の姿勢・態度そのものであり、過去から未来に亘る揺るぎないテーマであり、象徴である。

“The world has changed over the last two years. Everyone’s thinking is simpler and pragmatic. Now, it is easier for everyone to grasp what is important to each of us.

We leave it to the future and pass it on. The soul of rock music is constantly evolving. A soul that transcends words and meaning to reach you – instinct, intuition, and fangs.

This is the heavy rock of Boris now.

As we land on our 30th anniversary, Boris continues to evolve, accelerating the latest and universal.

We just keep showing this attitude.”

 

この2年で世界は変わってしまった
人々の思考はよりシンプルに
今はみんなそれぞれが大切なものを捉え易くなった

何を未来へ残し伝えるのか
そしてアップデートしていくロックのソウル

言葉や意味を超え貴方に届く魂
本能、直感、牙
これが今のBorisのHeavy rock

結成30周年
最新と普遍をアップデートし加速し続けるBorisの現在。
あなたの大切なものは何か?

閉塞されていた世界が再び解かれ、活発な日常を取り戻す兆しを見せる、まさに転換期とも言える今年、この運命的と言えるタイミングで、Borisは最新の『Heavy Rocks』を投下する。未だ混迷を続けるこの時代を生き抜き、自らの血と肉として獲得し具現化した現在進行形のヘヴィロックを。今回は「色」ではなく、過酷な状況を自らの牙でサヴァイブする獰猛な生命の「紋様」を纏い世界に提示する。前作『W』に続きサウンドプロデュースとしてBuffalo DaughterのsuGar Yoshinagaを起用。『NO』のエクストリームさ、静謐な『W』の空気感を塗りつぶし、さらに混沌と”Heavy”に耽溺してゆくワイルド&グリッターな世界を楽しんでほしい

Heavy Rocks (2022) is out August 12 on LP/CD/CS/Digital.
Physical pre-orders are available via Relapse.com HERE and Digital Downloads/Streaming HERE.

日本国内盤CDはKiliKiliVillaから、Vinyl、カセット、デジタルはRelapse Recordsより8月12日にリリースされる。

Just announced, The new Todo Muere SBXV compilation celebrates the disparate threads that Sacred Bones has cultivated over these past 15 years by asking artists on the label to cover one another’s songs. It’s an exhilarating, adventurous collection that emphasizes the spiritual unity of the roster. Boris’ cover of “Funnel of Love” by Jim Jarmusch’s band, SQÜRL. The original is an oldies classic by Wanda Jackson.
Pre-orders start today at https://geni.us/SBRXVtodomuere.
The wonderful album art is by British legend Nick Blinko (Rudimentary Peni).

Boris結成から30年を迎える2022年はいくつかの記念企画が用意されている。その先陣を切るのは代表的なアルバム6タイトルから2曲づつ選曲し、KiliKiliVilLaから7インチで6月、8月、10月と隔月での連続リリース。

6月10日発売のBoris30周年シングルシリーズ第1&第2弾は、アルバム『Heavy Rocks』(2002年)、『PINK』(2006年)から。今回の新規カッティングにあたって、TDマスターまで遡ってリマスタリング。各アルバムの代表曲を2曲づつ、改めて7inchフォーマットでシングルカット。

本日よりレーベル予約受付開始

Boris / Heavy Rocks 7inch
https://store.kilikilivilla.com/v2/product/detail/KKV-139VL
KKV-139VL
1,650円 税込
収録曲
Side A : Heavy Friends
Side B : Korosu

Boris / PINK 7inch
https://store.kilikilivilla.com/v2/product/detail/KKV-140VL
KKV-140VL
1,650円 税込
収録曲
Side A : PINK
Side B : スクリーンの女  ーWoman on the Screenー

From March 2022 Boris resumes archive releases on Bandcamp.

The first installment of the 4th season of the Boris Bandcamp archive is “1985”, which was sold only in limited vinyl format for members of the then-newly established Boris fan club in 2019, “heavy rock party”. Now the album is available digitally for the first time.

BandcampアーカイブSeason4第一弾は、2019年にオープンしたBorisファンクラブ”heavy rock party”のメンバーに向け、限定Vinylのみで販売していた音源『1985』をデジタルで解禁。

“1985” is an original album that remained unreleased for a long time. It was recorded during the same period as our 2011-released “New Album”.

In 2011 we announced 3 separate albums, each layering various trials of what we imagined as “heavy”. With these various expressive styles, it was a time when we expanded the possibilities of our own Heavy Rock. After completing the 3 albums, we made use of methods outside of our usual environment of amplified sound resonating in the room. We experimented with direct recording that made use of MIDI, synth guitar, electric drums, and so on. We remember that clearly.
“1985” is the 4th album of ours that was unreleased.

In 2019 we launched our first official fan club, “heavy rock party”, and “1985” was only sold as a limited edition vinyl release around Christmas time as a present to fan club members. Now it is available for the first time in high-resolution digital format.

This is a work that gave us a sense of having expanded the map of sound, discovering another layer, and opening up an unseen passage that was not known to the outside world. We’d also like you to listen to this electronic inclination that has accumulated in Boris as a connection to our latest album, “W”.

『1985』は2011年にリリースした『New Album』と同時期にレコーディングを行い、長い間未発表となっていたオリジナル・スタジオアルバム。

2011年は3枚のアルバムを発表した年であり、自分たちの思い描く”Heavy”をキーワードに様々な試みをを重ね、その表現方法を更新、Heavy Rockの可能性を拡張していった時期だった。3枚を完成させた後に、MIDI、シンセギター、電子ドラム等を用いながら、空気を介さない音楽実験に取り組んでいた、そんな記憶がある。
『1985』はリリースされなかった4枚目のアルバム。

2019年、初のオフィシャル・ファンクラブ”heavy rock party”が発足し、『1985』はクリスマスに”ファンクラブ・メンバーへのプレゼント”として限定Vinylのみで販売。今回はハイレゾリューション・デジタルフォーマットでの解禁となる。

音の地図を塗り広げ、別の層を発見し、外部には知られない不過視の通路を切り開いた、そんな実感のあった作品。
Borisの中に蓄積されていたエレクトロな指向は最新作『W』への繋がりとしても聴いて欲しい。

Special Announcement. Bongzilla and Boris have released a new 7 Inch Split Record. It’s out now and available for order today! This 7 inch will be co-released by Gungeon Records and Totem Cat Records in the US and Europe. The Bongzilla track is an alternate mix of their song – “Weedsconsin.” The Boris track is a cover song called “Down the Road,” by an old band from Iowa called “Truth and Janey.” This release is dedicated to the memory of John Hopkins.
US Pressing will be available at www.bongzilla666.com – Limited 666 Copies – 150 Green, 150 Purple, 200 White, 166 Clear
European Pressing will be available at Totemcatrecords.bigcartel.com – Limited 500 Copies – 150 Neon Green, 150 Neon Purple, and 200 Exclusive Split Color (Blue / Red)

 

両バンドの友人であり、2020年に他界したサウンドエンジニアJohn Hopkinsに捧げられたSplit 7inch.
BongzillaはJohnのレコーディングによる楽曲。Borisは互いが敬愛したバンド”Truth and Janey”の楽曲をカヴァー。
US バージョンとEUROバージョンでは、プレス枚数、ジャケット仕様、ヴァイナルの仕様、カラーが異なる。

[US version]
Boris Purple 150 / Bongzilla Green 150 / White 200 / Clear 166  (Total 666 limited press)
*– nyd –では全色販売

[Euro version]
Boris edition neon purple limited 150/ Bongzilla edition neon green limited 150, Totem cat edition sky blue & maroon limited 200
*– nyd –ではBoris edition neon purpleのみ販売

“Beyond Good and Evil” Official Music Video from the album “W”, out on January 21, 2022 on Sacred Bones Records and Kilikilivilla.
The sound image was visualized as a music video by Yutaro, who even worked on “Reincarnation Rose“, “Drowning by numbers” video work.

本日、2曲入りのクリスマス・シングル「Noël」Sacred Bonesからリリース。これはBandcampでの独占販売となります。このシングルには、ロンドン在住のSSW、Lauren Auderとフランス人プロデューサーDvianceにより新構築された「Pardon?」(Borisの2011年のアルバム『New Album』より)と、BorisによるWham!のカヴァー「Last Chrismas」を収録。
今年リリース10周年を迎えた『New Album』、このアルバムに影響されたというLaurenとDviance二人との長きに渡る繋がりがここに実を結ぶ。
そしてこれは、COVID-19による様々な制約の中で生活している世界中の皆さんへのクリスマス・プレゼント。今年のクリスマスがCOVID-19下での “ラスト・クリスマス “になることを願っています。

Today Boris have shared a two-track Christmas single entitled ‘Noël’, released via Sacred Bones and available exclusively through Bandcamp. The release includes a striking rework of Boris track “Pardon?” by Lauren Auder and Dviance, as well as Boris’ take on the Wham! festive classic, “Last Christmas”.

Boris’ ‘New Album’ celebrates its 10th anniversary this year, and ‘Noël’ sees the delicate crescendo of “Pardon?” given an ethereal, airy rework by London-based singer-songwriter Lauren Auder and French producer Dviance. Auder’s haunting vocals tie with crisp beats and layered strings to create a rich and elegant take on the original track.

This is a Christmas present for everyone who lives with the various restrictions stemming from COVID-19. Here in Japan, it is customary to give gifts at Christmas. We hope this Christmas will be the “Last Christmas” of COVID-19.

Just announcement, New album “W” released by Sacred Bones Records.
Pre-order starts. “W” out on January 21, 2022.
You can order from here. 

2022年、結成30周年を迎えるBoris。30周年記念アルバム第一弾としてアルバム『W』を1月21日にKiliKiliVllaからリリース。
日本盤のみボーナストラック収録。こちらにてレーベル予約受付中。

In an effort to sublimate the negative energy surrounding everyone in 2020, legendary Japanese heavy rock band Boris focused all of their energy creatively and turned out the most extreme album of their long and widely celebrated career, “NO.” The band self-released the album, desiring to get it out as quickly as possible but intentionally called the final track on the album “Interlude” while planning its follow-up.

The follow-up comes with “W”, the band’s debut album for Sacred Bones Records. The record opens with the same melody as “Interlude” in a piece titled “I want to go to the side where you can touch…” and in contrast to the extreme sounds found on “NO”, this new album whispers into the listener’s ear with a trembling hazy sound meant to awaken sensation.

On all of “W” Wata carries the lead vocal duties. In general the styles on the album range from noise to ambient, as is typical with one of our generation’s most dynamic and adventurous bands, but there is a thread of melodic deliberation through each song that successfully accomplishes the band’s goal of eliciting deep sensation. Be it through epic sludgey riffs, angelic vocal reverberations or the seduction of their off-kilter percussion, Boris will have you fully under their spell. This languid and liquifying sound is perfectly represented in the beautiful Kotao Tomozawa cover art and in suGar yoshinaga’s sound production.

“NO” and “W” weave together to form NOW, a duo of releases that respond to one another. In following their hardest album with this sensuous thundering masterpiece they are creating a continuous circle of harshness and healing, one that seems more relevant now than ever and shows the band operating at an apex of their musical career.

 

2020年、世界はコロナ禍に突入。各国の都市はロックダウンされ、人々の生活と意識をネガティブなエネルギーが覆っていった。
そのような状況下、世界中のアーティストが「アーティストとして何をすべきか、何ができるのか」という自問自答を重ねていた。
そしてBorisがとった選択は「作り続けること」だった。

世界に蔓延するネガティブなエネルギーを昇華させるべく、彼らは自身のキャリアに於いて最もエクストリームでハードなアルバムと評された『NO』の制作に取り掛かる。
何者の枷もない完全DIYのもと、自分達の最速のスピードで作品を作り上げ、2020年7月に“轟音のヒーリングミュージック“として世界へと放った。

この『NO』の最終曲“Interlude”はそのタイトルの通り次章へ向かうという意味を含んでいる。そして“Interlude”と同じメロディをもつ“I want to go to the side where you can touch…” からスタートする次章=最新アルバムの名は『W』。
今ここに『NO』と『W』両作は“NOW”という言葉として繋がり、互いに呼応し合う作品となる。

実際『W』のレコーディングは『NO』から連続した時間と速度で行われ、2020年6月には完了、文字通り連作であると言える。
今作品ではWataが全てのメインヴォーカルを担当。エクストリームなサウンドスケープの前作とは対照的な、耳元でささやかれる歌とかすかな音の揺らぎによって聴く者の感覚を覚醒させる。『NO』による轟音の癒しと、『W』のささやきによる覚醒、この2つが円環で繋がる。

サウンドプロデュースはBuffalo DaughterのsuGar yoshinagaが担当。ゲストプレーヤーには日本を代表するBassistのTOKIEを迎え、アルバムジャケットには気鋭のオイルペインターKotao Tomozawaを起用するなど、コロナ禍以前~以後にわたる様々な出会い、必然的な繋がりが実を結んだ作品となっている。

『W』はモノクロームと化したこの世界へ、優しき彩りを様々な角度から射し入れる。そして円環は未来へと回り、進んでゆく。

The third installment of the Boris Season 3 Archive on Bandcamp comes with 3 releases related to our 25th anniversary in 2017-18.
“Secrets” was an album compiled of previously unreleased recordings, distributed at the final show of our 25th anniversary tour. “DEAR Extra“ was added as a bonus tracks only to the Japanese release of our album “DEAR”. “Japanese Heavy Rock Hits Live -25th Anniversary Show-“ is a completely unreleased multi-track recording taken during our 2018 US tour, featuring a “25th anniversary set” focusing on songs representative of Boris. Each of these releases helps to supplement the time and sound history that Boris has accumulated thus far.
Next year in 2022 we greet our 30th anniversary as a band, but for now as “preparation” we’d like you to listen to these albums. It is the first high-resolution digital release for each of these works.

BorisのBandcampアーカイブSeason3第三弾。2017~18年の結成25周年期間に関連した3つの作品をリリース。
ツアーファイナルの会場で配布された、未発表音源から構成されたアルバム『Secrets』。
アルバム『Dear』日本盤にのみボーナストラックとして添えられていた『DEAR Extra』。
2018年のUSツアー時にマルチトラックレコーディングされていた、代表曲を中心とした”25周年スペシャルセット”の完全未発表ライブアルバム『Japanese Heavy Rock Hits Live -25th Anniversary Show-』。
いずれもBorisが集積した時間、音の歴史を補完する作品である。
来年2022年にBorisは30周年を迎えるが、その”手はず”として、これらアルバムを聴いておいて欲しい。
全作、初のハイレゾ・デジタルリリース。

 “Secrets”   FAS-009

“Secrets” is a special compilation commemorating our 25th band anniversary, distributed to the audience at the final show of our 25th Anniversary World Tour held at Shindaita Fever in Tokyo.
This was as a new album from a standpoint of taking excerpts from a huge collection of unreleased compositions that had been brewing over a long period of time through our accumulated activity, newly constructing them via technique and interpretation of “now”, thus inviting the listener to the next phase. Fragments of unreleased compositions were excessively weaved together, making for an album that can be listened to much like treasure hunting or solving a riddle. The accumulation of concealed time and sound over 25 years of Boris supplements our history in the foreground.
We’d be pleased if you would attempt to unravel the “secrets” of these 4 chapters over 44 minutes. This is the first high-resolution digital release.

“Secrets”は25周年を記念して特別編集され、2018年9月22日新代田Feverで行われた25th Anniversary World Tourファイナルのワンマンライブで配布された作品だ。
長きに亘る活動で蓄積、醸造された膨大な未発表音源から抜粋された楽曲を、”今”の解釈と手法によって新たに構築し、
次のフェイズへとリスナーを誘う新作アルバムという位置付けだった。
未発表曲の断片が過度に編み込まれ、宝探しあるいは謎解きのように聴けるアルバム。
25年に及ぶBorisの隠されていた時間と音の集積が、表側の歴史を補完する。
この4章、44分の”秘密”を解き明かしてもらえたら。
今回初のハイレゾ・デジタルリリース。

“Japanese Heavy Rock Hits Live -25th Anniversary Show-” FAS-057
After releasing our album “DEAR” in 2017, in August of the same year we left on our biggest yet world tour for our 25th anniversary. From the spring of 2018 we took this further with special “Boris 25th Anniversary” shows. April 2018 was our collaboration show with Stephen O’Malley at the Roadburn Festival, and in July we were joined by Merzbow at the Roskilde Festival (this being the first overseas performance as Boris with Merzbow).
In August we held a US tour in which we presented a special “25th Anniversary Set” focusing on our most representative “hit” songs, including longer pieces such as “feedbacker” and “flood”. This release, “Japanese Heavy Rock Hits Live”, is a multi-track recording from this tour. The atmosphere was full of deep emotion and gratification from going through layers of time with the audience, which you can probably get a sense of from the performance as well as from the audience reaction from beginning to end. And now in 2022, Boris will greet our 30th anniversary as a band. As “preparation,” we’d like you to listen to this new live album released to the world for the first time.
This is the first high-resolution digital release.

2017年アルバム『DEAR』をリリース後、同年8月から25周年期間として過去最大規模のワールドツアーを行なう。
2018年の春からは”Boris 25th Anniversary”として更にスペシャルなショウを展開した。
2018年4月、Roadburn FestivalにStephen O’Malleyとのコラボレーション編成で出演、7月にはMerzbowと共にRoskilde Festivalに出演(これはBoris with Merzbowとして初の海外公演)。
8月には長尺ナンバーの「feedbacker」「flood」を含む代表曲を中心とした”25周年セット”を披露するアメリカツアーを行った。今回リリースの”Japanese Heavy Rock Hits Live”はこのツアーの際にマルチトラックレコーディングされたもの。オーディエンスと共に年月を重ねた、その感慨と喜びに満ちた空気感は、演奏と終始聴こえる歓声からも伝わるだろう。
そして来年2022年にBorisは30周年を迎える。
その”手はず”として、世界へ初公開されるこの新たなライブアルバムを聴いておいて欲しい。
今回初のハイレゾ・デジタルリリース。

“DEAR Extra” FAS-058
Boris’s 25th anniversary album “DEAR” was released concurrently around the world in 2017. The album held a concept of being “music to hand over directly to each listener” with original plans for a triple vinyl release. However, in order to further define the concept of the album, some substantial songs were cut and released as “DEAR Extra“ which served as a bonus tracks that came only with the Japanese release, though these songs were originally planned and recorded for the main album.
As such, these songs were often performed live as part of the “DEAR” setlist, and they resound on the same level ground as the DEAR canon, and should not be considered non-canonical. With these 3 tracks integrated, you can feel the original destination and expansion of “DEAR”. This is the first worldwide release of these tracks.

結成25周年を迎えた2017年、アルバム『DEAR』を全世界同時リリースした。 “リスナーひとりひとりに直接手渡す出会いの音楽”をテーマとしたこのアルバムは、当初アナログ3枚組みにするプランだったが、コンセプトをより明確にする為、大幅に曲をカットした形でのリリースとなった。 今作”DEAR Extra”は当時日本盤にのみボーナストラックとして付けられたものだが、元々これらの曲は”本編”に収録される予定だった。
実際当時のライブでも『DEAR』のセットに組み込まれプレイしており、外典という位置付けではなく、正典と同じ地平に響く楽曲。 この3曲を統合することによって、『DEAR』本来の到達点・拡張性を感じてもらえるだろう。 今回が初の全世界リリースとなる。