News

The second installment of the Season 3 Boris Bandcamp archive is 2 releases: “Golden Dance Classics +”, adding bonus tracks to the 2 Boris songs from the 2009 split release with 9dw, and also “Tokyo Wonder Land” a full live set recorded at Shibuya Club Quattro in Tokyo (a world-first release) that was an experimental show after finishing our world tour through over 100 locations around the world spanning 10 months from 2008 into 2009, as we headed into a new phase.

BorisのBandcampアーカイブ、Season3 第二弾は、2009年にリリースされた9dwとのスプリット作に収録された2曲に、ボーナストラックを加えた『Golden Dance Classics +』と、2008年から2009年にかけて延べ10ヶ月、世界各地100箇所以上に渡り行なったワールドツアー後、新たなフェイズへと向かう実験的なライブとなったShibuya Club Quattroでのフルセット(世界初公開)を収録した『Tokyo Wonder Land』の2作。

Golden Dance Classics +  FAS-055

 

Tokyo Wonder Land  FAS-056

“Golden Dance Classics +”
In 2009 following our album “Smile” with a full schedule of touring and appearances at numerous festivals, we began working on “New Album 2009”, which was not intended to be released. This was a period of deep pursuit of an unexplored world of sound, with an engine made from what was processed on the road. Out of this period came numerous split releases, singles, and transitioned to our 3 albums released in 2011.
One of these splits was “Golden Dance Classics”, released by Catune. A rhythm machine of broken language in the background portrays an expressionless Tokyo, and a lonely enthusiasm reverberates in a non-beat fog. This was a landscape we hadn’t yet seen that emerged from a process of brewing in room temperature once we had returned to studio work after our longest tour. The bonus track “Tokyo Wonder Land” is a studio rehearsal take featuring guest guitarist Michio Kurihara, performing a live arrangement. “Akirame Flower” is a live take featuring GOTH-TRAD, who conducted both remix and recording as a low-end collaborator, amplifying the air vibrations of the venue to the utmost limits. In live shows in 2009 and after, these 2 songs took on an important role. We can clearly see the change and contrast after these newly-constructed studio compositions were given life on stage.

“Tokyo Wonder Land”
2008-2009 was a period in which we were engaged in a full schedule of long-term tours while simultaneously making progress at a quick pace on the development of a large number of releases. It was extremely natural that the critical amount of energy which was fully loaded at live shows turned into our genuine musical pursuit and proceeded beyond “heavy rock” in our studio works. The show included in this live release was held at the time we made “New Album 2009”, an “album solely for pure expression and confrontation, without being restricted to anything.” We hope you can feel these new songs as well as old songs built up on tours and at shows along with support guitarist Michio Kurihara, departing from their original sound and taking on a new shape. Looking back on it now, this show was perhaps a starting point for a style that evolves our songs by freely going back and forth between the experimental nature of our studio sessions and the physical nature of our live shows. This was also a conducting wire to our 3 simultaneous releases in 2011, “New Album”, “Heavy Rocks”, and “Attention Please”.

 

“Golden Dance Classics +”
2009年は、アルバム『Smile』リリース後の過密なツアーや数々のフェスへの出演を経て、リリースを前提としない『New Album 2009』の制作を行い、ロードにおける膨大なインプットを未開の音世界へのエンジンとして、探求を深めていった期間であった。それらは数々のスプリット作、シングル、2011年の三枚のアルバムへと繋がっていく。Catuneからリリースした『Golden Dance Classics』もその一つだった。片言なリズムマシンの背景に立つ無表情な東京と、ノンビートの霧もやの中で鳴り響く孤独な熱狂。それらは最長のツアーからスタジオワークの日常へ戻り、常温で醸造していく過程で浮かび上がってきた、今まで見たこともない風景だった。ボーナストラックである”トーキョーワンダーランド”のスタジオリハーサルテイクでは、サポートギタリストのMichio Kuriharaが参加し、ライブアレンジが施されている。”あきらめの花 -Akirame Flower-“の時を経たライブテイクでは、Low-Endコラボレーターとしてリミックスやレコーディングも共に行なって来たGOTH-TRADがフロアの空気振動を極限まで増幅させた。2009年以降のステージでは、この2曲がライブにおける重要な役割を担うことになった。本作ではスタジオワークで新構築された楽曲が、ステージ上で肉体性を獲得し体温を宿していく変遷と対比がはっきりとわかるだろう。

“Tokyo Wonder Land”
長期ツアーの過密スケジュールと同時進行で、ハイペースで膨大な量の作品を制作していた2008〜2009年。ライブで充填された臨界寸前の熱量を、スタジオワークによって自分達の純粋な音楽探求、”ヘヴィロック”の向こう側へと昇華、深く進んでいったのは極自然な成り行きだった。本作に収められたライブは “何者にも縛られず純粋に、ただただ表現と向き合う為のアルバム”『New Album 2009』を制作した正にその時期に行われたもの。新旧の楽曲が、サポートギタリストのMichio Kuriharaと共にツアー/ライブでビルドアップされ、オリジナルの音響から逸脱し変容していった様子を感じてもらえると思う。今思えば、このライブは現在へと続く、スタジオでの実験性とツアー/ライブでの肉体性を両立させ、より自由に往復し楽曲を進化させていくスタイルの原点であるかもしれない。そして2011年の『New Album』『Heavy Rocks』『Attention Please』3作同時リリースへの導線となっている。

『NO World Tour “In Your Head” 2021』

The first installment of Boris’s Bandcamp Archive Season 3 is a live album from the release party for our latest studio album, “NO”. We are releasing the audio from our release party that took place in May of this year as a Bandcamp-limited release in high resolution format.

BorisのBandcampアーカイブ、Season3 第一弾は、最新スタジオアルバム『NO』のリリースパーティーからのライブアルバム。
今年5月に行なったアルバム『NO』リリースパーティーの音源を、ハイレゾリューションフォーマットでBandcamp限定リリース。

NO World Tour “In Your Head” 2021 FAS-054

The fifth part of Season 2 includes the digital releases of 3 titles :

Documentary of “Akuma no Uta”
Listening to these tracks and exposing the breath of life and skeletal structure of these compositions, we believe it once again points toward a hint about the core of what “Akuma no Uta” is.

“COSMOS Re-Master + Live”
From the 2012 split release with UK singer songwriter Joe Volk, with an additional live recording from a show during a 2013 US Tour.

“Mr.Shortkill Re-Master“
Originally released only on 12-inch vinyl in 2016. This is a rerecording of the song we wrote and provided for “Ninja Slayer” when the novel series was made into a TV anime series. The 12” cut goes against current standards being produced in monaural sound, with particular attention paid to a thorough analog mix. This time for its first ever digital release it has been given the remastering treatment for digital format.

 

本日6月4日BandcampにてリリースのSeason2-第5弾は以下3タイトル。

『Documentary of “Akuma no Uta”』
先日発掘された、アルバム『あくまのうた』製作時に残されていたラフミックス、デモトラックバージョンを収録。むき出しになった楽曲の骨格と息遣いを感じて欲しい。未発表の写真を含むブックレット付き。

『COSMOS Re-Master + Live』
2012年に発表したイギリスのSSW、Joe Volkとのスプリット作品に、2013年のアメリカツアーのライブ音源を追加、全編にリマスタリングを施してのリリース。

『Mr.Shortkill Re-Master』
オリジナルは2016年発表。アナログ12inchのみでのリリース。
小説『ニンジャスレイヤー』アニメ化の際に描き下し・提供した楽曲を、12inchカット用に再録。時流に逆行するかのようにモノラル仕様、アナログミックスに徹底的に拘って制作した作品。今回初のデジタルリリースとしてデジタルフォーマット用にRe-Masteringも施した。

“Documentary of Akuma no Uta” FAS-051

“COSMOS Re-Master + Live” FAS-052

“Mr.Shortkill Re-Master” FAS-053

A really outstanding release in FOAD’s evergrowing discography!
BORIS “No” LP+flexi disc is coming out soon! The most Hardcore-infused BORIS album to date, their 26th full length recorded in self-isolation due to the pandemic… Exclusive F.O.A.D. version with bonus flexi disc including an unreleased version of their cover of “Fundamental Error” by GUDON, featuring Guy (ORIGIN OF M, ex-GUDON) on bass!! Here’s a short trailer to introduce it, more details will be revealed soon!

https://www.foadrecords.com/

アルバム“No”のF.O.A.Dヴァージョンのリリースがアナウンスされました。
スペシャルカラー盤、ピクチャー盤にはボーナスFlexi付。
このFlexiに収録されているのは、ベースにGUY(ex.GUDON)、ドラムにMUCHIOを迎えたGUDON(愚鈍)の”Fundamental Error” カヴァーの完全新録バージョン。

本日2021年5月1日、Borisが昨年11月に行なった、アルバム『NO』リリースパーティーの模様を全世界に向け公開。
今回の映像は360度カメラで撮影された視聴者参加型の配信となる。
オーディエンスのまなざしによって完成されるライブショウ。
これは観る者全ての”意識を巡るツアー”。
映像配信期間: 2021年5月1日00:00 ~ 5月10日24:00 日本時間

Boris公式Youtubeチャンネルにて公開中
https://www.youtube.com/watch?v=BBD6K1PstaI&t=137s

***推奨視聴環境***
スマートフォン、及びタブレットにてYoutubeアプリによる視聴を推奨。
端末を移動させることで視点を360度移動可能。
ドラッグ、ピンチ・イン/アウトによる画面上のタッチ操作による視点移動やズームイン/アウトも出来ます。
なお、ご使用の機種・設定・バージョンなどの原因により、上記の動作が行えない不具合が発生する場合もございます。
予めご了承ください。PCのブラウザ上でもマウス操作によるズームや360度視点移動の視聴が可能です。
お手持ちのデヴァイス、再生環境で可能な高画質設定での視聴をお薦めします。また、動画が上手く表示されない場合、youtubeアプリの画質設定より、ご自身のデヴァイス環境に適した画質をお選びください。

***Ticket***
視聴は無料。
下記のPaypalアドレスに向けてBandへのサポートを是非お願いします。
https://www.paypal.me/evilstacklive

 

May 1, 2021, Boris releases to the world the visual soundscape of their release party for their album “NO” that took place in November of last year. This will be a stream of a video shot with a 360 degree camera that allows for audience participation; it is a live show that is only complete when the viewed by the audience. For all viewers, this is a “tour in your head”.

Stream viewing period: May 1 – May 10
May 1st US 8am (PST) & 11am (EST) / Euro 17:00 GMT+2

Stream viewing on Boris official youtube channel
https://www.youtube.com/watch?v=BBD6K1PstaI&t=137s

***Recommended Viewing Platform***
Viewing is recommended using the YouTube app on a smartphone or tablet. By moving your device it is possible to view the performance at all visual points in 360 degrees. You can manipulate the view on the screen further by using your fingers to drag or pinch-in/out for zoom-in/out.
Please note that depending on the settings or version of your viewing device some features such as the above zoom may not function.
Please acknowledge this beforehand.
On your handheld device it is also recommended to adjust your viewing settings to the highest quality possible.
In the event the video doesn’t display well, please select the highest image quality setting available for your device from the YouTube app quality settings.
Please check out the trailer.
(On desktop/laptop computers it is also possible to use your mouse to zoom or change the point of view within the 360-degree environment)

***Ticket***
Viewing is free. Please support the band via PayPal at the following address: https://www.paypal.me/evilstacklive

 

***限定ツアーマーチャンダイズ***
今回の配信限定のツアーT-シャツをHoly Mountain Printing(US)より受注販売いたします。
受付期間は当アナウンス開始より、配信終了まで。
詳細はHoly Mountain Printingのサイトにてご確認ください。
http://bit.ly/BORISNO

***Tour Merchandise***
Holy Mountain Printing is taking orders for limited-edition T-shirts for this stream. Orders will be accepted from the time of this announcement until the streaming period ends. Please see the Holy Mountain Printing website for details.
http://bit.ly/BORISNO

The third part of Season 2 includes the digital releases of 3 albums :  “SMILE -Live at Wolf Creek-”,“New Album 2009”, and“Japanese Heavy Rock Hits Re-Master”.
“New Album 2009” is an unreleased album and will be released for the first time in the world.

本日4月2日BandcampにてリリースのSeason2第三弾は、『SMILE』(2008年)リリース後のUSツアーで収録されたライブドキュメント『SMILE -Live at Wolf Creek-』、2009年に制作・完成以降12年に渡って未発表となっていたミッシングリンク集『New Album 2009』、2009年9〜11月にかけてリリースされた連作シングルにボーナストラックなどを加え、リマスターを施した『Japanese Heavy Rock Hits Re-Master』の3作品。
『New Album 2009』は世界初公開音源。


“SMILE -Live at Wolf Creek-” FAS-044

 

“New Album 2009” FAS-045

 

“Japanese Heavy Rock Hits Re-Master” FAS-046

Boris resumes archive releases on Bandcamp from February 2021.

The second part of Season 2 includes the first digital releases of 3 works: a precious live documentation recorded during Boris’ tour following the release of “New Album” (2011), titled ‘“Hope” Japan Tour 2011’; ‘mabuta no ura’ (2005), with Japanese and overseas versions; and ‘Variations’ (2010), a “best of” compilation featuring Michio Kurihara on new recordings of previously released material. ‘“Hope” Japan Tour 2011’ is a previously unreleased full set live recording.

 

Borisが2021年2月からBandcampへのアーカイブリリースを再開。

本日3月5日リリースのSeason2第二弾は『New Album』(2011年)リリース後のツアーで収録された貴重なライブドキュメント『”Hope” Japan Tour 2011』『mabuta no ura』(2005年)の日本盤・海外盤2バージョン、そして栗原ミチオとの再録を含むベスト盤『Variations』(2010)の3作品を初デジタルリリース。『”Hope” Japan Tour 2011』はフルセットライブ音源として世界初公開。

現在、コロナ禍によって多くの公演が延期・中止、ライブハウスやクラブは休業を強いられ、閉店廃業に追い込まれるハコも少なくない厳しい状況。そんな中自らの存続と音楽文化の継承を賭けて、Borisの国内ホームグラウンドである新代田LIVE HOUSE FEVER『made in 新代田』という企画をスタートさせました。「アーティストの T シャツを FEVER の一角にある LUCKY の工房で製作、販売発送までを FEVER が行う。FEVER はプリント代金と発送に関する手数料を売上とし、純利益はアーティストへ渡す」というこの企画に対して、自分達も何か楽しくなれることが出来ないか、と考えました。メンバーで話しながら辿りついたのは「今回の制作販売で得た利益でOrangeのアンプを購入、FEVERに贈り、出演者にガンガン鳴らして使ってもらおう」というものでした。その顛末と詳細が画像・動画とともにnoteにアップされました。ぜひご覧ください。


1990年代後期に活動を一旦停止する「Z.O.A」、同時期に活動を開始した「Boris」。
当時直接交わることはなかった彼らが、2019年10/13(日) 高円寺HIGHで遂に共演する。
「Boris」が2014年に発表したアルバム『目をそらした瞬間 extra』に森川がゲストヴォーカルとして参加、続く「血と雫」との共演、「YBO2」のトリビュートプロジェクト「鬼 -O.N.I-」へ「Z.O.A」の森川と黒木「Boris」のAtsuoとTakeshi が参加したことがきっかけで、「A/N【eɪ-ɛn】」が結成されるなど、近年その関わりは急速に密となり、同時に「Z.O.A」活動再開の動へつながっていった。
(「Z.O.A」からの直接的影響を公言するAtsuoは先頃20年ぶりにリリースされたアルバムとDVDに全面的に携わっている。)
今回公開されるこのドキュメントは、両者の出会いが必然として約束される過程を垣間観る一端となるだろう。

「Z.O.A × Boris」
10/13 (sun)
KOENJI HIGH
open/start 17:00/18:00
adv/door 4500円/5000円+1D

-Live-
Z.O.A【森川誠一郎(Vo) 黒木真司(Gt) 篠原貴仁(Ba) PAZZ(Dr)】
Boris

-チケット-
KOENJI HIGH店頭、e+ にて発売中

The new single “LOVE” off Boris’ upcoming album ‘LφVE & EVφL’ out 10/4 on Third Man Records

Pre-Order ‘LφVE & EVφL’ at https://orcd.co/boris_love_evol The next chapter in Japanese rock legends Boris’ story has arrived; their new double LP LφVE & EVφL is set for release on October 4th via Third Man Records. This double LP exists as two independent works, encapsulating conflicting connotations that interweave and become intricately entangled with one another, gradually eroding before becoming utterly singular. Continuing to tinker and toil with their sound since the 2017 release of DEAR, Boris have pivoted onward a more organic, non-grid literary style that LφVE & EVφL showcases. The album’s first single, “Love,” is one of the most musically diverse in their career and showcases a snippet of what is to come on LφVE & EVφL. Additionally, Boris will be reissuing their pioneering albums Akuma No Uta and Feedbacker via Third Man Records. The albums will be available on exclusive, limited edition colorways from Boris on the road this fall, and in stores on October 4th. The monolithic trio will canvas North America on tour with NYC industrialists Uniform from August 19th through September 29th; check out all tour dates listed below. Formed in 1992, Boris boldly explores their own vision of heavy music, where words like “explosive” and “thunderous” barely do justice. Using overpowering soundscapes embellished with copious amounts of lighting and billowing smoke, Boris has shared with audiences across the planet an experience for all five senses in their concerts, earning legions of zealous fans along the way.