News

As their avid fans might have already known, Japanese band Boris named themselves after a Melvins song called “Boris”, which is on the American sludge rock originators’ 1991 album “Bullhead”.

After all these 28 years, the Japanese heavy rock trio are going back to where they started and releasing a cover of this song as a record.

This isn’t the first time they play it; the song itself was played live many times during the LφVE & EVφL world tour in 2019 – 2020. However, this coming 12-inch vinyl is the first studio recording.

It was first intended to be exclusively sold at their shows during the North American tour which was due to start in July 2020, but the coronavirus pandemic forced the tour to be postponed, and thus, the record’s release plan got suspended.

The pandemic created uncertainty for everyone. Boris say they are more than grateful that so many people, most of whom have been hardly relaxed about anything themselves, continue to support the band. That’s why they decided to revive the suspended plan of the Boris cover release as something special to show their gratitude to their fans who have been firmly with them in this difficult time.

The record comes out as an etched vinyl disc, with the song on one side and an exclusive art of a charming cat on the other. The art is done by Mami Saitou, who you’ve probably known for the highly impressive sleeve art of “LφVE & EVφL” (2019).

While the record is completely done by Boris on their own, it is cut and pressed by Third Man Records, with whom the band have put out three albums: “LφVE & EVφL”, “boris at last -feedbacker-” (reissue) and “Akuma no Uta” (reissue). In short, your satisfaction is guaranteed.

Of the limited pressing of 900 copies, 800 are on purple vinyl and will be available through Holy Mountain Printing, while 100 copies are on red vinyl and will be exclusively available to the Boris fan club members. You’ll never want to miss out on it.

TITLE:
Boris

TRACKS:
[Side 1]
01. Boris (a Melvins’ song cover)
*An etching is on Side 2.
FAS-021

 

**作品概要**

Borisというバンド名が、1991年リリースのMelvinsのアルバム『Bullhead』収録曲「Boris」から名付けられたという逸話は、熱心なリスナーの皆さんならご存知でしょう。
Borisは結成から28年を経て、ついに自身のルーツであるこの楽曲のカヴァーをリリースします。
カヴァー自体は2019~2020年にかけて行なわれた『LφVE & EVφL』のワールドツアー中、既に世界各地で幾度も披露されていますが、この12inchが初のスタジオレコーディング音源となります。
本来は、今年7月からスタート予定だったUSツアーの会場限定で販売するはずでしたが、世界的コロナ禍の影響によりツアーは延期、今作のリリース予定も一旦保留となっていました。
しかしこのような社会状況の中でも、Borisをサポートし続けてくれるファン、リスナーに向けて、なにかスペシャルなものを届けたいという想いから、今回のリリースが決定しました。
片面1曲収録、もう片面はエッチングとなっており、この愛らしい猫のイラストは、2019年リリースのアルバム『LφVE & EVφL』のジャケットアートワークを手がけたMami Saitouによるもの。今回も『NO』に引き続きバンド自身による自主リリース。
カッティング&プレスは、そのクオリティに定評のあるThird Man Recordsで行なわれました。
900枚限定プレスのうちパープル盤800枚はHoly Mountain Printingを通しての販売。
100枚のレッド盤はBorisファンクラブオンリーでの限定販売となります。
この機会をお見逃しなく。

**タイトル**
『Boris』

**収録トラック**
[Side 1]
01. Boris(Melvins”Boris”のカヴァー)
※Side 2はエッチング加工。

FAS-021


NO is more than the new album by Boris. It is their reaction and comment on the current state of the world as they see it. It would be all but impossible to deny that almost every aspect of human life has been impacted. No matter where you’re from or how you’re living, things are different than they used to be.
The collective uncertainty, anger, frustration, confusion and sheer life on the edge existence is reflected in NO.
All Boris albums are memorable listening experiences and we fans are continually gratified by this excellent and thankfully prolific band. NO is an eleven track/40 minute explosion of ultra hectic, crushing brilliance. If you’re a Boris fan, this an absolute must have. The level of energy is on full from start to finish. It’s as if Boris inhaled everything bad that’s happening in the world and exhaled their great disagreement onto NO. As the band says in their press statement: This is “extreme healing music”.
Boris is doing NO on their own, so it’s implicit we fans support the group without hesitation. You just do it. Countless bands all over the world are experiencing scrapped tours, delayed releases and futures put into very real uncertainty. For decades, Boris has been there for us with great records and shows, so we will of course be there for them.
Things are bad out there but Boris has uploaded these awful ingredients and made something truly good. They have taken a global crisis, flipped the overwhelming negativity it has engendered and turned it into positive artistic expression. Of course they did. Wata, Atsuo and Takeshi are Boris. They’re quite incredible. Release after release finds them in a constant state of morphing, exploratory evolution which seems to show no signs of slowing. NO, this protest-as-art album is yet another great Boris record. A stand out in an already monster body of work. I feel lucky to be a Boris fan and am so glad you’re one too.

Henry Rollins

https://www.henryrollins.com
https://www.facebook.com/officialhenryrollins/
@henryandheidi
@henryrollins

–  新作アルバム『NO』について、ヘンリー・ロリンズ氏からメッセージが届きました –

『NO』は、Borisにとって単なる新作以上のものだ。これは、彼らがこの世界の今の状況を見て、それに反応した結果であり、それについての発言である。

人間が人間として生活していく、そのあらゆる局面が今、影響を受けているということは、まず否定しようのないことだろう。どこの人だろうと、どのように暮らしていようと、さまざまなことが、以前とはすっかり変わってしまっている。

だれも彼もが、先が見えず、怒りやフラストレーションを抱え、混乱し、とても追い詰められた状態で生きている。それが『NO』には反映されている。

Borisのアルバムはその全作が聞いたときの衝撃が忘れられないという性質のもので、僕らファンとしては、このすばらしい、そして嬉しいことに次から次へと作品を世に出してくれるバンドに、いつも喜びを与えられているわけだが、今作11曲40分の『NO』は、とりわけすごい。本当にすばらしい。心の底からガツンとやられる。Boris好きな人なら絶対に聴くべき一作だ。最初から最後まで、エネルギー全開、フル・スロットルで飛ばしてくれる。あたかもBorisが、今、世界で起きているすべての悪いことを吸い込み、それに対する非・同意の気持ちを吐き出したのが、『NO』という作品になったかのようだ。バンド自身はプレスリリースでこう言っている。これは「エクストリームなヒーリング・ミュージック」なのだ、と。

Borisは今回自分たちだけで『NO』という作品を作った。だから、僕らファンとしては、何ら躊躇することなくこのバンドをサポートすることは暗黙のうちに了解されているだろう。何を迷う必要があると言うのか。世界中の数えきれないほどのバンドが、ツアーの中止やリリースの延期といったことに見舞われていて、将来どうなるのか皆目わからない状況にある。Borisはこの数十年の間ずっと、僕らの目の前で、傑作を次々とリリースし、すばらしいライヴをしてきてくれた。だから今、ここで、僕らが彼らのためにできることをするのは当然だ。

世の中の状況は非常に悪いのだが、Borisはこのひどい状況を素材として、心底から良いと言わずにはいられないものを作り上げた。全地球規模の危機を取り込み、それが突き付ける圧倒的なネガティヴなものをひっくり返し、それをポジティヴな、アーティスティックな表現に作り替えた。本当にそういうことをやってのけた。WataとAtsuoとTakeshiがBorisで、彼らは実に信じがたいことをやってのけている。作品をリリースするたびに、彼らは変容する。次は何があるのか探ってみようとばかりに進化し、それは鈍化する兆しすら見せない。『NO』は「アートとしての抗議」のアルバムであり、Borisはここでまた代表作を作ったのだ。この作品が出る前から既にとんでもない作品群を生み出してきたバンドだが、今作はその中でも秀でている。僕はBorisのファンであることを幸運だと思っているし、あなたもそのひとりでよかったと思っている。

ヘンリー・ロリンズ

 

Boris "Anti-Gone" new music video has just released.

現在の音楽を取り巻く状況も象徴した新MVを公開。
https://youtu.be/6Mku_c0Q2oU

新作アルバム『NO』より、収録曲"Anti-Gone"のMusic Videoが公開されました。
コロナ禍で自粛営業を余儀なくされたBorisのホームとも言える、
東京・新代田のLive House FEVERでの撮影を敢行。
この状況でしか生まれ得ない、憤りと切なさが同居する映像作品となりました。
アルバムはBandcampにて、7/3(金)日本時間16:00~ にリリースされます。

Boris New Album 『NO』
2019年から2020年2月に掛け、のべ12週間に及ぶ北米・欧州・日本で行われた『“LφVE” & “EVφL”』ツアー。 
そして混迷に突入する世界と同時に制作された作品がBandcampのみで先行リリースされる。 

アーティストとしての自身に対する問い、そして態度。 

今作には、かつて広島で活動していた「愚鈍(GUDON)」のカヴァー曲が収録されている。 
また、同楽曲には「OUTO」「CITY INDIAN」の元ギタリストであり、 
現在は「SOLMANIA」で活躍中のKatsumi氏がゲストギターで参加。 

なお今作はどのレーベルも介さず、完全自主制作によるリリースである。 
**Bandcamp Link** https://boris.bandcamp.com/album/no

「Boris」 “Phenomenons Drive” and「Z.O.A x Boris」”Refrain” launch today.
Released from Dog Knights Productions.
Pre-orders have also started.
http://dogknightsproductions.limitedrun.com/

*Boris – “Phenomenons Drive” MLP/TS PO’s
180 gram orange crush (in jaket) , ltd 200.
165 gram picture disc (in thick pvc sleeve), ltd 500.

*Z.O.A x Boris “Refrain” LP/LS PO’s and Digital release
Green/ltd 100, Red/ltd 100, Black/ltd 500.
All pressed on heavyweight 180 gram vinyl,
350 gram triple-fold reverse-board jacket w/full black inner flood and fancy
black poly-lined inners.

Borisの新作アルバム『NO』が7/3(金)にBandcampのみで先行リリースされる事になりました。
発表に先立ち、アルバムからファーストカットシングル”Loveless”が公開。

**ファーストカットシングル”Loveless”動画リンク**
https://youtu.be/a4wBnsP1Gy8

**Bandcamp Link**
https://boris.bandcamp.com/album/no

『NO』

01.Genesis
02.Anti-Gone
03.Non Blood Lore
04.Temple of Hatred
05.鏡 -Zerkalo-
06.HxCxHxC -Parforation Line-
07.キキノウエ -Kiki no Ue-
08.Lust
09.Fundamental Error
10.Loveless
11.Interlude

Takeshi: Vocals, Guitar & Bass
Wata: Vocals, Guitar & Echo
Atsuo: Vocals, Percussion & Electronics

Guest Guitar: Katsumi on Track 09
Recording: Fangsanalsatan at Sound Square 2020
Mix & Mastering: Koichi Hara (koichihara-mix.com)

“Fundamental Error” Originally Perfomed by GUDON

Logo Type: Kazumichi Maruoka
Design: Fangsanalsatan

FAS-023

Holy Mountain Printing has started ordering and selling “Akuma no Uta (VENOM version)” T-shirts and hoodies. Check out here!!

3月8日にKOENJI HIGHで開催予定でしたZ.O.A × Borisの2マン公演ですが、
新型コロナウイルスの影響を考慮しまして、9/22に振替公演を行います。出演はZ.O.A, Boris、そしてDJに掟ポルシェの出演が決定しました。
チケット販売の再開はe+、と店頭で4/12から始まりますが、KOENJI HIGHは5/6まで休業の為、店頭での販売は5/7からとなります。振替公演に関しては以下をご参照下さい。
何卒ご理解のほど宜しくお願い致します。

https://blog.goo.ne.jp/joyride2006/e/6f10cffa7f7556e87245e27fccb3a5de

■チケット販売再開
4/12 e+: https://eplus.jp/sf/detail/3278560001-P0030001
※高円寺HIGHは5/6まで休業の為、店頭での販売は5/7からとなります。

問合せ : 高円寺HIGH(03 5378 0382)
=========================================

The Z.O.A. and Boris show that was planned for March 8th at Koenji High (Tokyo) has been postponed until September 22nd as a safety precaution due to the Coronavirus (COVID-19) outbreak. Concerning the postponement, please see the following regarding ticket refunds and the reopening of ticket sales.
Thank you for your understanding and support in this difficult time.

*Ticket sales reopen for the postponed 9/22 show on Sunday, April 12

Available at the Koenji High box office, or via e+
Inquiries: Koenji High (03-5378-0382)

“Refrain”, the first conceptual collaboration album from Z.O.A x Boris, is complete.
It is a musical suite from both bands that surpasses space and time in a single 33-minute composition.

Z.O.A burst into existence in the 1990s, sweeping the scene instantly with their inventive and radical musicality before vanishing just as quickly.
Boris emerged right around the same time, almost as if stepping in to fill the void they left.
Though the two bands sadly never crossed paths at the time, there was still an undeniably collusion between the two deep beneath the surface.
Due to Z.O.A bandleader Morikawa’s participation in Boris recordings in recent years, as well as core members of both bands forming the collective A/N, Z.O.A rose once again, making a complete revival in February 2019. The band swiftly embarked on a solo live tour, which was then followed up with a new DVD and album produced by Atsuo of Boris, who has never been shy about stating how big of an influence Z.O.A has been on him. Z.O.A and Boris only grew more and more tightly connected, and the time was truly ripe for the two bands to perform together.
Unfortunately, any such plans were put on hold not once but twice, first due the natural disaster back in October of last year, and again by the global pandemic this March.

This album is a recording that was planned for an early release on sale at the the venue to Z.O.A x Boris show scheduled for Sunday March 8, 2020 at Koenji High.
“Refrain” is a conceptual collaboration album by both bands that contains a single 33-minute musical suite that transcends space and time.
The long, sonic pilgrimage of these two bands of unrelenting heretics resonates here as advance testament to the “inevitability” that has been promised.
It is proof of the existence of both bands that have been tossed about once more by the cruel whims of fate.
But, their time will surely come again.

“「Z.O.A x Boris」によるコンセプチュアル・コラボレーション・アルバム『リフレイン』完成。33分ワントラック、両者による時空を越えた組曲。”

本日3/22(日)12:00からメールオーダー限定でのプリオーダーがスタート。
以下の通販サイトにて予約購入可能です。
同時に会場販売予定だったマーチャンダイズの取り扱いも開始されております。アーティストのサポートを是非よろしくお願いいたします。

– nyd –  https://nydcollection.com/
inoxia Records   http://inoxia-rec.com

1990年代、突如登場し独自且つ先鋭的な音楽性で瞬く間にシーンを席巻するも、その姿を晦ました「Z.O.A」。そして同時期、まるですり変わるかのように活動を開始した「Boris」。
当時決して直接交わることが叶わなかった両者だが、しかし確実にその結託は水面下深くで蠢いていた。
近年の、「Z.O.A」の中心である森川の「Boris」音源への参加、両バンドの主要メンバーによるコレクティブ「A/N」の結成などの動きを経て、2019年2月に「Z.0.A」は再始動・完全復活。ワンマンライブツアーを敢行し、予てから「Z.O.A」からの影響を公言して憚らないAtsuo(Boris)のプロデュースにより新作アルバムとDVDを同時発売するなど、両者の関係性は目に見えて密度を増し、正にこの機が熟したタイミングで「Z.O.A x Boris」2マンライブを行うはずであった。
しかし昨年10月の自然災害、今年3月は世界的な疫病禍により2度の延期を蒙る事となる。

この作品は機を改め2020年3月8日(日)高円寺HIGHで行う予定だった2マン公演で会場先行販売される予定だった音源である。
両者によるコンセプチュアル・コラボレーション・アルバム 『リフレイン』。
33分ワントラック、両者による時空を越えた組曲。
異端であり続けた両者の長きに亘る音の巡礼は、あらかじめ約束された「必然」の証明としてここに響く。再びに起きた抗えない翻弄の中、両者の存在の証明としてここに響く。
また、いつか必ず。

Just announcement of the full lineup for Psycho Las Vegas 2020.
Boris will be performing at this festival.
More detailed and information will be announced soon.

昨年10月台風19号の影響により、2020年3月8日に延期・振替のアナウンスがされていた『Z.O.A x Boris』の高円寺HIGHでの2マン公演のチケットが、1/19日からHIGH店頭とe+で販売再開されます。尚、昨年10/13日のチケットはそのままご利用可能です。
この貴重な機会をお見逃しなく。

Shows