News

Boris Reveal Otherworldly Video for “満ち草 -michikusa-

The song appears on their latest release, fade.  // Released digitally last December via Bandcamp, fade arrives on double LP format today.  The deluxe, 180g vinyl release comes in pink and black variants with laminated gatefold jacket.  The albums were manufactured by Third Man Pressing and released by fangsanalsatan, and are available for pre-order through Sacred Bones.

アルバム“fade” からMV第二弾満ち草 -michikusa-”を公開。

そして昨年12月にBandcamp でデジタル リリースされた“fade”が、2x LP フォーマットでリリースされます。
ラミネート加工された見開きジャケット+ ピンクまたはブラックの180g重量盤でリリース。プレスは Third Man Pressing 、リリースはfangsanalsatan 。本日からSacred Bones にてプリオーダー開始。通常盤は2/17から発売です。

Boris release their latest artwork as an animated music video, a collaboration with award-winning director/animator Nalani Williams.

The animated work is a depiction of an expanded surrealistic world visualizing a song off of boris’s most recent album, fade, which is the third album they released last year for their 30th anniversary as a band. The video is a work of art made using scrupulous frame-by-frame stop motion animation.

昨年バンドキャンプで発表されたアルバム『fade』のアナログ化に伴い、映像作品を公開。収録楽曲”満ち草 -michikusa-”から拡張された超現実世界を映像化。様々な受賞歴を持つLA在住のアーティスト、ナラニ・ウィリアムズの手によるストップモーション・アニメによって、フレーム毎に克明に描かれたアート・ピース。
トレモロアームによってゆっくりと軋み、歪められ、浮上と沈降が延々と続く今楽曲から紡ぎ出された世界。
皮膚と骨でできた美しくも地獄のような風景の中をもがきながら、生と死の終わりなきサイクルあるいはその狭間で、ミステリアスな生物たちはその覇権を争っている。
ストップモーション、手描きアニメーション、ペインティングといった多様な技法を駆使しつつも、実にシームレスに繰り出されるそれは、あらゆるジャンルを縦横無尽にするBorisの音像とシンクロし、異形の新世界を幻出させている。

Just announced today.
Boris’ Euro & UK tour “Heavy Rock Breakfast” will run from April 29 to June 8, 2023.
The tour will feature special guests Pupil Slicer from London (first half of the dates) and Asunojokei from Japan (second half of the dates), and will tour Europe and the UK for the first time in 4 years!
Boris will play at big festivals such as Desertfest in London , Primavera Sound in Spain.
Please wait for further information !!

Boris Euro & UK Tour 2023 “Heavy Rock Breakfast”
Special Guest with Pupil Slicer and Asunojokei
✜ Pupil Slicer
♞ Asunojokei
♛ TESA
29/04 – DE Karlsruhe, Dudefest
30/04 – FR Paris, Les Cuizines Chelles
02/05 – IR Cork, Cyprus Avenue
03/05 – IE Dublin, Button Factory
04/05 – UK Belfast, Black Box
05/05 – UK Glasgow, Room 2
06/05 – UK Settle, Victoria Hall
07/05 – UK London, Desertfest 
09/05 – DE Aschaffenburg, Colos-Saal ✜
10/05 – BE Antwerp, Trix
11/05 – NL Haarlem, Patronaat
12/05 – DE Hamburg, Hafenklang
13/05 – DK Copenhagen, A Colossal Weekend
15/05 – NO Oslo, Bla
16/05 – NO Oslo, Bla
17/05 – SE Stockholm, Debaser
19/05 – FI Helsinki, Sonic Rites
20/05 – EE Tallinn, Sveta
21/05 – LV Riga, Tu Jau Zini Kur ♞♛
22/05 – LT Vilnius, SODAS 2123  ♞
23/05 – PL Warsaw, Proxima
24/05 – PL Krakow, Kwadrat  ♞
25/05 – CZ Brno, Kabinet Muz
26/05 – AT Innsbruck, Heart of Noise Festival
27/05 – CH Fribourg, Fri-Son
28/05 – IT Turin, Jazz Is Dead
29/05 – IT Bologna, Freakout Club
30/05 – IT Milan, – Legend Club
01/06 – ES Barcelona, Primavera Sound
03/06 – PT Lisbon, ZDB
04/06 – PT Braga, Gnration
08/06 – ES Madrid, Primavera Sound

Pupil Slicer

Asunojokei

2023年元旦に告知された『MISERY30周年 MY MEAT’S YOUR POISON あんたにゃ毒でもオイラにゃ薬 爆裂7デイズギグ』。本日第二弾の出演者発表。4/24にBorisの出演が決定しており、この日はなんと復活する広島ハードコアパンクレジェンド”愚鈍”との2マンライブです!

先行通しチケットに続き、各日一般チケットも本日発売開始。

日本のインディーズ&パンク/ハードコア界を牽引してきた、広島の老舗DISK SHOP『MISERY』の30周年を記念して広島のライブハウス、CONQUESTにて7日間連続ギグ『MISERY30周年 MY MEAT’S YOUR POISON あんたにゃ毒でもオイラにゃ薬 爆裂7デイズギグ』が4月23日(日)~4月29日(土)で開催される。

元旦に発表された第一弾の発表で、『MISERY』30年の歴史を詰め込んだブッキングと、伝説の『愚鈍』復活のニュースに衝撃と共に気持ちを上げられた人も多いと思う。そして、本日第二弾発表にしてコラージュ・アーティスト、河村康輔のメイン・ビジュアルと共に、全出演バンド、DJに加え復活『愚鈍』のメンバーも発表となった。

『愚鈍』は「Vo」 Guy、「Ba」 Tank (D2F / Outo / KGGM / HalfYears / SxOxB)、「Dr」 Oumi 、「Gt」 Enomoto (惡AI意 / ORIGIN OF M)となる様子。

第一弾を更に吹っ飛ばす衝撃!!『MISERY』だからこそ開催できる至極の1週間だが、更に7日間連続ギグの翌日に『MISERY30周年 MY MEAT’S YOUR POISON あんたにゃ毒でもオイラにゃ薬 爆裂7デイズギグ 〜アフターパーティー〜』の開催も決定となった。
各日チケットは本日2月1日正午から発売開始。

『MISERY30周年 MY MEAT’S YOUR POISON あんたにゃ毒でもオイラにゃ薬 爆裂7デイズギグ』

4月23日(日)【LIVE】BRAHMAN X 愚鈍 【DJ】Can Dream®︎ / DJ DIET
4月24日(月)【LIVE】Boris  X 愚鈍 【DJ】HARO / DJ DIET
4月25日(火)【LIVE】WARHEAD X ダブプロレス 【DJ】1TS / DJ DIET
4月26日(水)【LIVE】タテタカコ X うつみようこ X 片平里菜 【DJ】Rodriguez /
DJ DIET
4月27日(木)【LIVE】THA BLUE HERB X 惡AI意 【DJ】SLEEPYEYE / DJ DIET
4月28日(金)【LIVE】OLEDICKFOGGY X NEVER AGAIN 【DJ】ASAO / DJ DIET
4月29日(土)【LIVE】TURTLE ISLAND X ORIGIN OF M 【DJ】1TS / DJ DIET

『MISERY30周年 MY MEAT’S YOUR POISON あんたにゃ毒でもオイラにゃ薬 爆裂7デイズギグ 〜アフターパーティー〜』

4月30日(日)【LIVE】 チャッカーズ X DEEPCOUNT 【DJ】DEMUS / DJ DIET

会場:広島 CONQUEST

開場:18:00 開演 19:00 (4月23日、29日)/ 開場:18:30 開演 19:30
(4月24日~28日)/ 開場:17:30 開演 18:30 (4月30日)

チケット:通し券(23日~29日のみ有効)¥15.000 / 1日券¥3.500(23日~29日)/ 1日券¥4.500(30日)/ 学割¥2000 (大学生以下 23日~29日のみ)

プレイガイド:e+ / MISERY / CONQUEST

問い合わせ:MISERY (082)-241-0782 / CONQUEST http://www.club-conquest.net/

Melvins and Boris on Desertfest NYC !!
We will be performing at the Knockdown Center main-stage on September 16.
Click here for tickets.

INFO: https://www.desertfestnewyork.com/

Leading independent stoner rock, doom, psych & heavy rock festival Desertfest returns toNew York this September. Hot off the heels of their largest US event to date in May ‘22, theglobally renowned festival will return to the unique space of the Knockdown Center inQueens, alongside an exclusive pre-party at heavy metal institution, Saint Vitus Bar from 14thto 16th September 2023.Headlining the 3rd edition of the festival will be genre-defining trailblazers the MELVINS.With King Buzzo & Dale Crover at the helm ensuring their 40-year status as icons of theunderground, Desertfest attendees can expect a MELVINS performance unlike any other, asthey are treated to the bands’ expansive & iconic back catalogue.Joining them on the Knockdown Center main-stage, with a rare New York performance, willbe Japan’s own BORIS. An exercise in auditory marksmanship for any whom are luckyenough to bear witness, BORIS continue to redefine heavy on their own terms.

新年明けましておめでとうございます。

本日、2023年1月1日第一弾出演者発表。4/24にBorisの出演が決定しました。一般発売に先駆けて先行通しチケットも本日発売開始。

日本のインディーズ&パンク/ハードコア界を牽引してきた、広島の老舗DISK SHOP『MISERY』の30周年を記念して、広島のライブハウスCONQUESTにて7日間連続ギグ『MISERY30周年 MY MEAT’S YOUR POISON あんたにゃ毒でもオイラにゃ薬 爆裂7デイズギグ』が4月23日~4月29日で開催。

Borisは2011年にオーナーであるGUYが運営するレーベルBlood Sucker Recordsから『NO』の日本盤Vinylをリリースした縁もあり、今回の出演が決定。

伝説のバンド『愚鈍-GUDON-』復活からスタートする温故知新、ジャンルレス、エイジレスな1週間となりそうだ。全て対バン方式で行われる同イベントの第1弾が本日発表。

チケットは一般発売に先駆けて先行通し券が本日より発売。

出演者の第2弾発表と1日券の発売は2月1日を予定している。

会場:広島CONQUEST
開場:18:00 開演 19:00 (4月23日、29日) 開場:18:30 開演 19:30 (4月24日~28日)
チケット:先行通し券¥15.000 (2月1日から一般チケット発売)
購入ページURL:https://eplus.jp/sf/detail/3787090001-P0030001

プレイガイド:MISERY / CONQUEST
問い合わせ:MISERY (082)-241-0782 / CONQUEST

主催:『MISERY30周年 MY MEAT’S YOUR POISON あんたにゃ毒でもオイラにゃ薬 爆裂7デイズギグ実行委員会』


本日12/25 12:00~ 追加前売りチケットの販売をスタートしました。
ZAIKO   https://borisheavyrocks.zaiko.io
※チケットの購入には、ZAIKOアカウントの登録(無料)が必要となります。

Today 12/25 12:00~ Additional advance tickets sales have started.
ZAIKO https://borisheavyrocks.zaiko.io
*Registration of ZAIKO account (free) is required to purchase tickets.

当初、2019年10月13日に開催されるはずであったZ.O.A x Boris 2マンライブ。
大型台風の襲来や新型コロナ禍により幾度の延期を余儀なくされ、やがて中止という苦渋の決断に至った。
しかし、中止のアナウンスにも関わらず払い戻しをせず、その開催を熱望し続けるオーディエンスが多かったため、たとえ抗えない翻弄の中にあっても、主催とバンドサイドは公演開催の再設定に向けてタイミングを図っていた。
そして日本国内のコロナ禍やエンターテインメントを取り巻く状況も強く前進を始め、正に機が熟した今、
遂に4度目の公演開催がアナウンスされる。
3年に及ぶ断絶を経て「必然」が再び転がりだす。約束は遂に果たされるのだ。

The Z.O.A x Boris 2-man live concert was originally scheduled to take place on October 13, 2019.
The event was forced to be postponed several times due to the arrival of a large typhoon and the new Corona disaster, and was eventually cancelled.
However, despite the announcement of the cancellation, the band and the organizer were trying to find the right time to reschedule the show, since many audiences were still eagerly waiting for the show to be held without refunds.
Now that the situation in Japan is improving, the fourth show will finally be announced.
After a three-year break, “inevitability” is rolling again. The promise will finally be fulfilled.

「Z.O.A × Boris」
2023年 2月5日 (日)  ※2019年10月13日と2020年3月8日、9月22日の振り替え公演

-会場-
高円寺High
Open: 17:00/ Start: 18:00
前売: 4500円/当日: 5000円  (入場時別途1D代)

-Live-
Z.O.A【森川誠一郎 (Vo) 黒木真司 (Gt) 篠原貴仁 (Ba) PAZZ (Ds)】
Boris【Atsuo (Vo) Takeshi (Gt&Ba) Wata (Gt) Muchio (Ds)】

-DJ-
掟ポルシェ

-Ticket-
12月25日(日) 12時~ ZAIKO
https://borisheavyrocks.zaiko.io

※チケットの購入には、ZAIKOアカウントの登録(無料)が必要となります。

===========================================

過去に3度の延期 (2019/10/13、2020/3/8、2020/9/22)されていた、Z.O.A × Borisの2マン公演が
2023年2月5日に遂に開催されます。
現在も手売り及びKOENJI HIGH店頭売りのチケットをお持ちの場合は今回の延期公演にて有効と致します。
過去に販売したe+に関しては払い戻しが完了しておりますので、今回の延期公演では無効となります。
今回の延期公演ではプレイガイドはZAIKOのみとさせていただきますので、
過去のe+の紙チケットを持参されてもご入場出来ません。
なお、チケットの購入には、ZAIKOアカウントの登録(無料)が必要となります。

また、現在も手売り及びKOENJI HIGH店頭売りチケットをお持ちの方で、
今回の延期公演日程でご都合が悪い方には払い戻しを受け付けます。
払い戻しについては下記をご参照ください。

-入場順-
1.過去の手売りチケット
2.過去のKOENJI HIGH店頭売り
3.ZAIKO会場チケット
4.当日券

-払い戻しについて-
【過去に手売り及びHIGH店頭でご購入の方】
下記メールアドレスまでメールを送ってください。
info@koenji-high.com

【過去にe+でご購入の方】
払い戻しの受付は終了しました

boris “fade”

The 3rd album of Boris’s 30th anniversary year, “fade”, will initially be self-released through the band’s Bandcamp page on December 2, 2022.

Boris30周年アルバム第三弾『fade』をBandcamp にて12月2日(金)に自主リリース。
https://boris.bandcamp.com/album/fade

2022 marks the 30th anniversary year of Boris, a year of upheaval as the first post-pandemic year. In this year, Boris put out the albums “W” and “Heavy Rocks (2022)” in succession, and for the first time in 3 years went on tour overseas, playing “rock-like” shows that garnered reactions from around the world exceeding those prior to the COVID-19 pandemic.
This year was the year we realized that Boris, along with music culture itself, strives toward the future, having acquired new possibilities of heavy music. As the conclusion to these 30 years, “fade” will be released as the latest album under the moniker of boris (in lowercase letters).
The wheels, road of rock and innovation that Boris maintains… This release is not bound by concepts of rock and music in general, but could rather be said to be a documentary of the world plunged into the chaotic age of Boris moving forward.

“Break into the present, post-pandemic era. Memories of the world wrapped in disorder and uncertainty already bring feelings of nostalgia. Every individual was cut off from society, but now have returned as one.

Among that disorder like a primitive scenery, did you have fear? Did you doze off? Or in an extreme state of mind, did you even feel some comfort in the solitude?

Among that disorder, did you make eye contact with yourself, or did you not experience such a moment?

Now, wrapped in a thunderous roar, your whole body will be caressed on the way to awakening.

Morning comes.”

Boris結成30周年の2022年は、ポストコロナ元年とも言える激動の1年だった。『W』『Heavy Rocks(2022)』とアルバムを立て続けにリリース、3年ぶりの海外ツアーにおいては”Rock然”としたショウを披露しコロナ以前を上回るリアクションを世界中から得た。
Boris、そして音楽という文化が未来へと生き続け、確かに継承されていく実感と、ヘヴィミュージックの新たな可能性を獲得した年であった。そんな30周年の締めくくりとしてboris(小文字)名義の最新アルバム『fade』を発表する。
– Borisが持つ両輪、王道のロックと革新性 – 本作はロック、音楽という概念にも捉われず、歩を進めつづけるBorisの混沌時代に突入した世界のドキュメンタリー作品と言える。

“ポスト・パンデミック時代に突入した現在。
既にノスタルジーすら感じるあの混沌と不安に包まれた世界の記憶。各個人が社会システムから切り離され、個に還元された。

原風景のようなあの混沌、それは恐怖であったか?微睡であったか?極限の精神状態はその孤独の中に心地よささえ感じなかったか?

混沌のなかで自分自身と目があった、そんな瞬間はなかったか?

今、轟音に包まれ全身を愛撫される目覚めの途中。

朝が来る。”

Photo by: Yoshihiro Mori

Watch a video for the first single “prologue sansaro.”
ファーストシングルMV「序章 三叉路」

Just announced, Rocky & The SWEDEN / Boris Split LP, released on today!!

“Drive away the worthless course of events. Disregarding the state of the world, this split album was realized from the progression of a fated connection.
The truth of a breathless rivalry produced a provocative outcome.
The CD released in Japan sold out through advance orders.
A world-wide vinyl release is coming out from Relapse Records on November 25th.
You can’t escape. Ready the kill switch.”

“くだらねぇ潮流を吹き飛ばす。世情の沙汰をモノともせず、飛躍した因縁によって実現した今回のスプリットアルバム。息もつかせぬせめぎ合いの真相が刺激的な仕上がりとなった。国内盤CDは、予約にて完売。LPは、Relapse Recordsより11月25日全世界同時発売。もう逃がさねぇ。キルスイッチを用意しろ。”
ROCKY & The SWEDEN was formed by veteran members of the Japanese hardcore punk scene in 1996.
Their debut live performance on September 15, 1996 was a surprise appearance at a Boris-arranged “Fangsanalsatan” event. Boris’s own Takeshi was in fact guitarist “Maboroshi SWEDEN” in the earliest days of the band, which to this day was never purposely concealed, but nonetheless is the “progression of a fated connection” after 26 years, perhaps a “karma” which is no longer escapable.
For more than a quarter-century, they have deepened their friendship, ridding ourselves of and dismantling any fixed notions strictly on their own separate paths. They’ve continued to exist while adding layers to their respective approaches toward innovation.
When meeting up again for work on this split release, we can certainly say that it is the “truth of their history.”
There was no cozy relationship with recollections, and they simply continued to experiment with each other’s sharpened “now”.
The thrilling artwork for the ROCKY & The SWEDEN / Boris split release was done by Kosuke Kawamura, a collage artist who has a deep connection with both bands and is making waves not only in the Japanese world of arts but around the globe as well.
All 500 copies of the Japanese CD release have sold out through advance orders.
The anticipated vinyl version, out from extreme music stronghold Relapse Records, drops on November 25 for worldwide consumption.
The recording includes 4 tracks by ROCKY & The SWEDEN and 3 tracks by Boris. In addition to the standard “Kelly Green” vinyl pressing are 3 limited vinyl colors, as well as T-shirts available from the link below.
https://store.relapse.com/rocky-and-the-sweden-and-boris
These are also likely to immediately sell out, so be sure to check it out without delay.
2000 ltd / Kelly Green Standard Gram 300 ltd / Milky Clear with Neon Green, Forest Green and Black Splatter Standard Gram 200 ltd / Neon Green, Black and White Tri Color Merge with Neon Green, Black and White Splatter Standard Gram

100 ltd / Kelly Green with Black Pinwheels and Black Splatter Standard Gram

日本ハードコアパンクシーン百戦錬磨のメンバーにより1996年に結成されたROCKY & The SWEDEN
そのデビューライブは1996年9月15日のBoris企画ライブ”Fangsanalsatan”への飛び入り出演、そしてBorisのTakeshiがR&S結成最初期のギタリスト”幻SWEDEN”であったことは今や公然の事実で有り、26年を経たこうした”飛躍した因縁”はもはや逃れられない”業”ですらある。
四半世紀以上、親交を深めながらもそれぞれに苛酷に、あらゆる固定概念からの脱却・解体と新機軸へのアプローチを重ねながら生存し続けてきた。
彼らが再び相まみえたこのスプリット作品は、まさにその”歴史の真相”そのものと言える。
そこには回想の馴れ合いなどは皆無、ひたすら鋭利な互いの”今”を試し合う瞬間が繰り広げられる。
スリリングなアートワークは両者との関連も深く、美術界に於いては国内のみならず世界的な評価の波を拡大させているコラージュアーティスト・河村康輔が担当。
国内版CD500枚はすでに予約だけでソールドアウト。待望のアナログバージョンは現代エクストリームミュージックの牙城、Relapse Recordsから11月25日に全世界同時にドロップされる。
ROCKY & The SWEDENは4曲、Borisは3曲を収録。
通常盤”Kelly Green”と更に3種類の限定カラーVinyl、T-ShirtsのPre-Orderが以下リンクにて展開中。
https://store.relapse.com/rocky-and-the-sweden-and-boris

また、日本国内においては高円寺のShop“fuudo brain”の以下リンクからもオーダー可能です。https://fuudobrain.shop-pro.jp/?pid=171475141
こちらも早々にソールドアウト必至、是非チェックを。

ROCKY&TheSWEDEN / Boris split LP Relapse recordsからの全世界同時リリース。
通常盤3000円+TAX 限定カラー盤3300円+TAX(国内盤CDは完売)。

『ROCKY & The SWEDEN / Boris Split』
ROCKY & The SWEDEN – Voice
ROCKY & The SWEDEN – Up in smoke
ROCKY & The SWEDEN – BxBxB
ROCKY & The SWEDEN – Bakugeki blaze
Boris – Blood red
Boris – Killing the observer
Boris – Nosferatou


先日告知された、kilikilivilla Presents  DOMMUNE Boris 30th Anniversary “Heavy Rock Chronicle”at S/U/P/E/R DOMMUNE、ENTRANCE ¥2,000にてスタジオ観覧者を募集開始。なお、ソーシャルディスタンシングを意識し40人限定となっています。こちら(Peatix)から予約をお願い致します。


*PLACE*

150-0042 東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷PARCO9FSUPER DOMMUNE15-1 Udagawa-Cho Shibuya-ku Tokyo 150-0042
Shibuya PARCO9F SUPER DOMMUNE

MAP

 

ご来場者はカメラに映る可能性がごさいますので、ご了承のうえご参加ください。
スタジオには、クロークやロッカーございません。手荷物は少なめでご来場のうえ、ご自身での管理をお願いします。
ドリンク類はスタジオ内でお買い求めいただけます。お飲み物の持ち込みはご遠慮ください。

 

<新型 コロナウイルス等感染症予防および拡散防止対策について>

発熱、咳、くしゃみ、全身痛、下痢などの症状がある場合は、必ずご来場の前に医療機関にご相談いただき、指示に従って指定の医療機関にて受診してください。
エントランスで非接触体温計にて体温を計らせて頂き37.5度以下の場合のみご入場可能になります。
感染防止の為、マスクのご着用をお願い致します。
手洗い、うがいの励行をお願いいたします。
お客様入場口に消毒用アルコールの設置を致します。十分な感染対策にご協力ください。
会場にて万が一体調が悪くなった場合、我慢なさらずに速やかにお近くのスタッフにお声がけください。
ご来場のお客様はカメラに映る可能性がございますので、ご了承のうえご参加ください。
会場には、クロークやロッカーはございません。手荷物は少なめでご来場の上、ご自身での管理をお願いいたします。
本イベントはDOMMUNEからの生配信を実施いたします。

DOMMUNE YouTubeチャンネル、もしくはDOMMUNE公式ホームページからご覧いただけます。

生配信では、YouTubeのスーパーチャット機能による投げ銭を募っております。何卒サポートをよろしくお願いいたします。

会場の関係などにより、開演時間が前後する可能性があります。予めご了承ください。

Kilikilivillaから今年リリースされた30周年記念のシングル6枚を全てを収納できるスペシャル・ボックスが登場!
このボックスには、どのアルバムにも収録されていない特別な2曲を収めたSpecial 7’ Singleを封入。
Side Aには、昨年10月にBandcampのみでリリースされ話題となった“Last Christmas”を。
言わずと知れたあのWham!のクリスマス・アンセムのカヴァー、初アナログ化。
Side Bには、2011年のシングルシリーズ“Japanese Heavy Rock Hits Vol.1~Vol.3”を全購入したファンへの特典で、当時Vol.4として配られた片面シングル”Seasons”を収録。
これは1970年代オランダのバンドEarth and Fireの楽曲のカヴァーで、当時Borisにサポートギタリストして参加していた栗原ミチオ氏のプレイも存分に堪能できます。
2曲ともWataのヴォーカルをフィーチャーしたカヴァー曲で、30周年の締めくくりとして、また6月・8月・10月と隔月2枚ずつリリースされたシングルを購入してくれたファンの皆さんへのクリスマス・プレゼントとしてお届けします。
今回もシングル化にあたり、2曲ともTDマスターまで遡ってリマスタリング。
これまでのリリースフォーマットとは異なる、新たな楽曲の表情と音像を楽しんでください。
収録曲
Side A : Last Christmas (04:27)
Side B : Seasons (05:54)
7インチ+DLコード+7インチ収納BOX
3,300円税込
KKV-145VL